「夏物語」 作詞 正雪

MILKHOUSE

作品紹介・説明

夏ですね。暑いですね。台風も来るみたいで、気分もブルーになりそう。
今回の曲は、安倍総理が中南米を歴訪したことの記念ではありませんが、ハバネラのリズムで
作ってみました。
ちょっとごちゃごちゃしすぎたかもしれませんが、1400曲を公開した後、いつも通りのスランプでしたので、
このくらいいろいろ入っていた方がいいかもしれません。
と云う事で聞いてくださいね。
正雪さん ありがとうございました。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
モニター
AKG K
MIDIコントローラー
EDIROL PCR

2件のコメントが寄せられています。

歌詞

「夏物語」 作詞 正雪さん

晴れ渡る青空(そら)に  そびえ立つ入道雲(くも)
ギラギラ輝く  真夏の太陽

走り続けても  掴めぬ蜃気楼(まぼろし)
まるであの日の  恋物語

波音が響く  砂浜に書いた
君への思いを  波がかき消す
過ぎ去りし夏が  胸に蘇る

灼けつく様な  眩しい日射し
追い続けても  届かぬ逃げ水

海岸を襲う  突然の雨に
逃げ惑いながら  駆けだしたあの日

びしょ濡れの背中  ただ追いかけた
青い季節が  胸に蘇る

若すぎた二人の  夏の物語
過ぎ去りし夏が  胸に蘇る

青い季節が  胸に蘇る
若すぎた二人の  夏の物語

2件のコメントが寄せられています。

03:12 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 37
  • お気に入り: 2
  • ワールド
  • オリジナル作品
2014/08/08 18:49