「風色」 作詞 MANBAU

MILKHOUSE

作品紹介・説明

スケッチ画のような(と思ったのですが)MANABUさんの詞に曲をつけさせていただきました。
3分に満たない曲は僕の中では珍しいのですが、あっけなく終わってしまうのが、この詞には
いいのかなと思ったりして。透明で涼やかな風色が見えたのなら嬉しいなぁ。
MANABUさんありがとうございました。では聴いてくださいね。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
モニター
AKG K
MIDIコントローラー
EDIROL PCR

mu-min

まだ作品情報が入力されていません

3件のコメントが寄せられています。

歌詞

「風色」 作詞 MANABU(mu-min)さん

移りゆく季節の中で
街は彩りを変えてゆく
すれ違う人の気持ちも
軽やかに感じる

穏やかな天気昼下がり
いつもの散歩道歩いてた
花の香りに包まれて
身体全部で春を感じて

近くの公園で本を開いた
そよ風が頬を掠め

時に悪戯にページを捲る
吹いてくる風の色は
その日の気分で違うから
噴水の中に見える
虹色の時もある

自然は約束通り
その季節の風を
運んでくる
いつもは気にしない
気がつけば風は
吹いている

3件のコメントが寄せられています。

02:48 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 36
  • お気に入り: 5
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2014/08/13 04:51