Rainy Town -雨上がりの街-

熊Pooh

作品紹介・説明

2015年一発目の作曲はロックバラード。
ハードロックの名手king_of_freedomさんとのコラボです。
作詞・作曲・ボーカルがオイラで、編曲・オケがking_of_freedomさんです。
kingさんが最近バラードをUPしておりまして、それを聞いてお願いしました^^
オープニングのリードギターハモリからもう壮大な感じで、感動的な感じに仕上げて頂きました^^
歌詞に深い意味はありません。サビの歌詞とメロが同時に出てきたので、そこに前をくっつけた感じです。
ボーカルはちょっと力が入っちゃいました、、、自分でメロ作っておいてなんですが、ちょっとキーが低かったかななんて思っていますw以外とパワーが入りませんでした><ロックバラードだから太い声の方が良いかな~なんて姑息な事を考えたクマでしたw

お時間ありましたら、よろしくお願いします^^

YouTube版
http://youtu.be/izwYh4yItj8

プロダクト説明

TC HELICON VoiceLive(ボーカルエフェクター)

使用したプロダクト

マイク
RODE NT
モニター
SONY SMC MDR
コンピュータ
Windows PC Windows PC
音楽制作アプリケーション
SONY SMS ACID

king_of_freedom

プロダクト説明

ハード音源:INTEGRA-7
Guitars:CARVIN King Model
Guitar Effects:LINE6 POD HD PRO、DigiTech RP1000

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
モニター
SONY SMC MDR

10件のコメントが寄せられています。

歌詞

最後の言葉を 交わしたのは雨の中
無理して笑って 手を振る君

傘で顔を隠し 背を向け歩き出した
こぼれる涙も 水たまりに溶けていく

濡れて重くなった革ジャンも
そのままでいい
今の俺には 似合ってるはずだから

雨上がりの街には ずぶ濡れの野良犬と
心失くした俺が 彷徨うだけ
雨上がりの街には 光があふれ出し
全てを輝かせて
ガラス細工のように にじんでいた


君との思い出には なぜか雨が付きもので
初めてのデートでも 降り続いていた

君の傘は今でも 俺の車の中さ
いつでも君を 迎えられるように

雨に濡れた君の身体を
強く抱きしめて
泣き叫んで 離さなければよかった

雨上がりの街には 君のいない寂しさと
失くした愛の欠片が 漂うだけ
雨上がりの街には 青い色のネオンが
全ての色を染めて
まるで水の中を 泳ぐようだ

雨上がりの街には ずぶ濡れの野良犬と
心失くした俺が 彷徨うだけ
雨上がりの街には 光があふれ出し
全てを輝かせて
ガラス細工のように にじんでいた

10件のコメントが寄せられています。

04:34 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 25
  • お気に入り: 9
  • ロック
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2015/01/26 23:16