「戦場の子どもたち」 作詞 はらぴょん

MILKHOUSE

作品紹介・説明

この作品は昨日殺害された後藤健二氏の生還を信じ切望して作詞のはらぴょんさんとコラボしたものです。
公開予定は昨朝。まさに公開準備の最中に後藤氏の殺害を知りました。非常に驚き憤慨し落胆もしましたが、
はらぴょんさんとも相談の上公開を決めました。
どんな理由があろうとも、神の名のもとに人を傷つけ殺害するという行為が許されるはずもありません。また、
真実を伝えようとする行為が無くなっていいわけもありません。日本にとってはこのことで、自国民の生命安全を
守るという立場から、過剰な行動へと突き進むことへの懸念もあると思います。
弱いものたちへの慈しみと友愛を忘れないようにこの曲を公開させていただきます。後藤健二氏のご冥福をお祈りいたします。
はらぴょんさんありがとうございました。
はらぴょんさんの作成した動画はYOUTUBEにて公開しております。こちらもどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=eAM07zoKjmg

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
モニター
AKG K
MIDIコントローラー
EDIROL PCR

4件のコメントが寄せられています。

歌詞

「戦場の子どもたち」 作詞 はらぴょんさん

夜が忍び込む  昼間 見えなかった 心の闇
淫猥な夢 剥き出しの悪意  うめき声にうなされる
ホワイトノイズのゆりかご

戦場で揺れる 名もなき花  瓦礫を抜けると 病院だった
弟は何処 母は……   夢から覚めた少女が語る

自分は何をしている
北ベトナム…キャパの思い出  地雷を踏んだら さようなら

戦場の子供と   宗教戦争の指導者
神さまに愛でられるのは

意識が遠のく   普段 見たくない 心の奥
醜悪な世界 渦巻く謀略   悲鳴にうなされる
まるでボッシュの世界

国境の街 トルコのキリス  戦火を逃れる 避難民
国境の向こうに 希望は?   人なつこい少年が話す

戦争が終わるのはいつ
トルコから……シリア   拘束されたら 最期なのか

戦場の子供と   宗教戦争の指導者
神さまに愛でられるのは

4件のコメントが寄せられています。

04:23 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 31
  • お気に入り: 3
  • ポップス
  • オリジナル作品
2015/02/02 06:08