「想い出の渚」~弾き語りスローバージョン~加瀬邦彦さん追悼

Godin(ゴダン)

作品紹介・説明

夕べのニュースで知りとても驚きました。
とても残念です。。

今朝、出勤前に録音してみました。
一番のみ、キー確認してぶっつけ本番です。

いいメロだなあ・・スローバラードでもいい。

残念です。ご冥福をお祈りします。

録音 2015.04.22 9:00~9:30a.m.


以下、Wikipediaより抜粋


経歴・人物[編集]1957年11月、慶應義塾高等学校1年生の時、東京都から茅ヶ崎市に移住したが、これが縁で同年12月23日にアメフト部の先輩の紹介により俳優上原謙のクリスマス・パーティーに誘われ、当時慶應義塾大学2年生だった加山雄三に出会い、音楽面のみならずプライベートでも親交を深めるようになる。

1961年には慶應義塾大学時代、初めてのバンド「ザ・トップビーツ」を結成する。その後ホリプロに所属し、清野太郎、かまやつひろしらと「キャノンボール」を結成。1963年には事務所命令により、かまやつひろしと共にザ・スパイダースに加入するも、寺内タケシの誘いを受けるために約3カ月で脱退し、1966年まで寺内タケシとブルージーンズ(1965年の東宝映画『海の若大将』や1966年の東宝映画『クレージーだよ奇想天外』でその姿を窺える)に加入した。 次第にビートルズサウンドへの志向が強くなっていく中、ビートルズの来日公演でブルージーンズが前座を務めることとなり、加瀬自身は大いに喜んだ。しかし、厳戒態勢下でのコンサートのため、前座のバンドは演奏後、楽屋に外からカギをかけられ、ビートルズの演奏終了後に開錠されるという措置が取られた為、加瀬は「それではビートルズの演奏が見られない」とブルージーンズを脱退してしまう(ちなみに念願がかない、客席からビートルズの演奏を見ることはできた)[2] 所属していたホリプロはそれでも、加瀬を引きとめ給料を支払い続けていたが、「ただで給料をもらうのも申し訳ない」と同年7月に、加山雄三が名付け親となるザ・ワイルドワンズを結成(しかしこのとき、渡辺プロに移籍)。得意の12弦ギター(ヤマハ特注)は、ワンズサウンドの要となる。解散後は、PYG(ピッグ)や井上堯之バンドともかかわりを持ち、作曲家としてだけでなく、沢田研二のプロデューサーとなる(衣装早川タケジ、作詞家糸井重里の起用、パルコCFへの出演推進など功績は多岐にわたる。井上バンド解散後も沢田を支え続けた)。

1981年1月、日本劇場取り壊しに伴う最後の日劇ウエスタンカーニバルにザ・ワイルドワンズ(加瀬、鳥塚茂樹、島英二、植田芳暁、渡辺茂樹)のメンバー5名が集結して出演したことを契機として、ザ・ワイルドワンズの再結成話が持ち上がり、仕事の都合で参加を辞退した渡辺を除くメンバー(加瀬、鳥塚、島、植田)4名でザ・ワイルドワンズを再結成した。一時期、渡辺茂樹と共にタイガース・メモリアル・クラブ・バンドにも在籍した。

「ケネディハウス銀座」のオーナーや、加山雄三&ハイパーランチャーズのプロデューサーとしても活躍した。

1994年に食道癌の手術をしたことを著書で明かしていた。

2015年4月21日、自宅にて74歳で亡くなったことが明らかにされた[1]。呼吸用のチューブがふさがれた状態で発見されており、警視庁は自殺とみている[3][4]。

逸話[編集]「ユアベイビー」は、ブルージーンズ時代作曲してシングルになったが、ワイルドワンズ時代に想い出の渚と共に両A面となる。

主な作曲作品[編集]1966年 『想い出の渚』(作詞:鳥塚繁樹、歌:ザ・ワイルドワンズ)
1967年 『夕陽と共に』(作詞:ザ・ワイルド・ワンズ、歌:ザ・ワイルドワンズ)
1967年 『青空のある限り』(作詞:安井かずみ、歌:ザ・ワイルドワンズ)
1968年 『愛するアニタ』(作詞:山上路夫、歌:ザ・ワイルドワンズ)
1968年 『バラの恋人』(作詞:安井かずみ、歌:ザ・ワイルドワンズ)
1968年 『花のヤングタウン』(作詞:島田陽子、歌:ザ・ワイルドワンズ)
1968年 『青い果実』(作詞:山上路夫、歌:ザ・ワイルドワンズ)
1968年 『シー・シー・シー』(作詞:安井かずみ、歌:ザ・タイガース)
1969年 『あの頃』(作詞:安井かずみ、歌:ザ・ワイルドワンズ)
1969年 『赤い靴のマリア』(作詞:山口あかり、歌:ザ・ワイルドワンズ)
1972年 『許されない愛』(作詞:山上路夫、歌:沢田研二)
1973年 『情熱の砂漠』(作詞:山上路夫、編曲:星勝、歌:ザ・ピーナッツ、陳和美らもカバー)
1973年 『指輪のあとに』(作詞:安井かずみ、歌:ザ・ピーナッツ)
1973年 『あなたへの愛』(作詞:安井かずみ、歌:沢田研二)
1973年 『危険なふたり』(作詞:安井かずみ、歌:沢田研二)
1973年 『胸いっぱいの悲しみ』(作詞:安井かずみ、歌:沢田研二)
1974年 『恋は邪魔もの』(作詞:安井かずみ、歌:沢田研二)
1974年 『追憶』(作詞:安井かずみ、歌:沢田研二)
1974年 『冬の駅』(作詞:なかにし礼、歌:小柳ルミ子)
1974年 『黄昏の街』(作詞:林春生、歌:小柳ルミ子)
1975年 『白い部屋(作詞:山上路夫、歌:沢田研二)
1976年 『ウィンクでさよなら』(作詞:荒井由実、歌:沢田研二)
1978年 『女はそれを我慢できない』(作詞:加瀬邦彦、歌:アンルイス)
1980年 『TOKIO』(作詞:糸井重里、歌:沢田研二)
1980年 『恋のバッド・チューニング』(作詞:糸井重里、歌:沢田研二)
1980年 『夢みるマイ・ボーイ』(作詞:岡田冨美子、歌:榊原郁恵)
1981年 『めざめてキス・ミー』(作詞:竜真知子、歌:甲斐智枝美)
1984年 『超電子バイオマン』(作詞:康珍化、歌:宮内タカユキ)
2012年 『渚のラララ』(作詞:加瀬邦彦、歌:百田夏菜子 with ザ・ワイルドワンズ)

使用したプロダクト

レコーダー
KORG D
アコースティック・ギター
Martin Martin

16件のコメントが寄せられています。

02:15 / 192.009kbps

共有する

  • 再生回数: 72
  • お気に入り: 25
  • Jポップ
  • カバー作品
  • "想い出の渚"
    ザ・ワイルド・ワンズ
    (jasrac) 013-1567-6
    ボーカル:Godin
2015/04/22 11:24