「黄昏色」 1497 作詞 MANABU

MILKHOUSE

作品紹介・説明

今回は昭和歌謡POPS風にしてみました。最近男性ボーカルがなかなか出てこないですね。
グループばっかですので、大人のPOPS歌手が出てきてもいいような気もします。
黄昏色というと秋の感じですけど、梅雨時あるいは夏の雨上がりの夕空は凄くきれいで、
その後一番星、天の川に変わる空の変化は絶妙でした。もう空に星も見えんくなって来てますけどね。
MANABUさんありがとうございます。ではどうぞ、

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
モニター
AKG K
MIDIコントローラー
EDIROL PCR

夢民/MANABU

まだ作品情報が入力されていません

3件のコメントが寄せられています。

歌詞

「黄昏色」 作詞 MANABUさん

街の彩りを 時間(とき)は塗り替えて 擦れ違う人の 切なさを想う

夕闇が迫る 高台の広場 揺れて流れる 浮かぶ雲が散る

果てしなく続く この空の下に 未知の明日へと向かい 描く夢模様

黄昏色に 染まりゆく街 Blue blue winds 
通り過ぎてく 未来へ運ぶよ 夢の続きを


人の優しさに 触れて感じる 微笑みの裏に 隠された寂しさ

金色縁取る 雲の切れ間に 差し込む光 山頂に届く

水面に落ちてく あの星の雫 優しい雨音 奏でるしらべ

黄昏色に 染まりゆく空 Blue blue winds
優しく包み 未来へ運ぶよ 夢の続きを

黄昏色に 吹き溜まる街 Blue blue winds
未来へ導く Blue winds Blue blue winds 夢の続きを…

3件のコメントが寄せられています。

04:03 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 18
  • お気に入り: 0
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2015/06/16 10:45