ブラームス「ハンガリー舞曲」より第1番

KURAKU

作品紹介・説明

ブラームスの名曲、ハンガリーのジプシー(ロマ)音楽に基づいて編曲した舞曲集から。
その全部で21曲の最初にあたる第1番、
四手用のピアノ曲を自らオーケストラにアレンジ。
有名な5番は、別人によって編曲されたとか・・・。
5番は以前にもアップしてますので、
そちらの激しいジプシー風もお時間ありましたら〜〜。

いつものチェコフィルサウンド=Miroslav と、
Vienna Special Edituion1の混合で。
FLUTE(Piccoloも)は、BASSOON除いてすべてMiroslav。
金管、TIMPANI、打楽器群はすべてMiroslav。
弦楽器は、MiroslavベースにViennaで厚みを意識して増してます。

第208回 不定期演奏会より
収 録 : 2015年6月「TOKYO-KURAKU劇場/大ホール」
指 揮 : KURAKU
管弦楽 : KURAKU-ORCHESTRA

使用したプロダクト

PCM音源ソフト
IK MULTIMEDIA Miroslav Philharmonik

4件のコメントが寄せられています。

03:04 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 106
  • お気に入り: 8
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • "ブラームス「ハンガリー舞曲」より第1番"
2015/07/05 17:48