故郷へ帰ったら / 三上 寛

星太郎

作品紹介・説明

現代詩人とも呼ばれる「三上 寛」さんの「故郷へ帰ったら」を歌ってみました。

本当は、ギターの弾き語りで公開したかったのですが、長らくギターを弾いていないので、左の指先は柔らかくなってしまっていて、まともに音の出ないコードも有りました。
で、いつもの様に、打ち込みのピアノの伴奏にしました。

原曲は、毒々しい雰囲気ですが、私が歌うと毒は消えました。(苦笑)
(気の抜けたビール状態かな。私はアルコールアレルギーだから許してね)

三上寛さんファンの皆様、ごめんなさい。


ちなみに、三上寛さんの毒の有る歌詞を、一部書いてみます。

ーーーーーー ここから 一部引用 ーーーーー
「三上寛の花は夜ひらく」

七(質)に二(荷)をたしゃ九(苦)になるが
九(苦)になりゃまだまだいい方で
四(死)に四(死)をたしても九(苦)になって
夢は夜開く

 ・・・・・・・

八百屋の裏で泣いていた
子供背負った泥棒よ
キャベツひとつ盗むのに
涙はいらないぜ
ーーーーーー ここまで ーーーーー

歌ってみても、公開できない曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=4wTQlb5KUJU

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple GarageBand
マイク
SHURE SM
コンピュータ
Apple Mac

6件のコメントが寄せられています。

04:06 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 44
  • お気に入り: 15
  • フォーク
  • カバー作品
  • "故郷へ帰ったら"
    三上 寛
    (jasrac) 074-3495-9
    ボーカル:星太郎
    ミキシング:星太郎
2015/07/07 14:45