陶 酔

Kohji

作品紹介・説明

Reign、1977年の作品です。^^;

しかし、この歌詞、今歌うと、かなりヤバイ!本当の意味でw
今、7つ年上だったら63ですからw(爆)^^;おい!
まあ、1977年、多分高校3年生です。受験勉強のストレスか。。。^^;
作詞家Hagio氏の変態ぶりが発揮され始めたころでしょうかw

プロダクト説明

マイク:RODE M3

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR, PG Music Band-in-a-Box
レコーダー
BOSS BR
コンピュータ
Windows PC Windows PC

10件のコメントが寄せられています。

歌詞

陶酔

Lylics:Y・HAGIO ’77 Compose:Kohji ’77

今夜の君は何故か悩ましい
うつむくその顔が翳り秘めて
うす紅く染めたほほルームライトに映えて
沈みかけた瞳がグラスの底にゆらめく
こんなの君は何故か悩ましい
見知らぬ国の王女様のよう
長く閉じたまつ毛に心が震えてくる
淡くひいたルージュの唇がまぶしいよ
今夜の君はとても悩ましい

僕よりも七つほど年上だけど
今夜は君だけを愛してみたいな
僕よりも痩せてきゃしゃなその軀だけど
今夜は壊れるほど抱きしめたいのさ
今夜の君はとても悩ましい

今夜の君は何故か悩ましい
うなじにかかる髪にふれながら
ふくよかな耳たぶにやさしく口づけして
濡れた熱い唇そっと重ね合うよ
今夜の君はとても悩ましい

僕よりも七つほど年上だけど
今夜は君とふたり住ごしてみたいな
僕よりもなまめかしくていじらしい人よ
今夜は甘い吐息で包んでおくれよ
今夜の君はとても悩ましい

10件のコメントが寄せられています。

05:35 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 43
  • お気に入り: 16
  • ロック
  • オリジナル作品
2015/10/24 22:25