TWO OF US / The Beatles covered by しょうた電気商会

うえい・しょうた

作品紹介・説明

1970年 「LET IT BE」収録曲

この曲のリンゴの脳内メトロノームが一定じゃないので、カバーに大変苦労いたしました。(苦笑)
電気爺さんと、テンポ一定でやろうかとの話も出たのですが、それじゃぁビートルズにならないでしょ?
ってんで、電気爺さんには、ご苦労をおかけ致しました。m(__)m

だれでも知ってる、ビートルズ・トリビア。

リンゴのドラムは、「GET BACK」と同じ叩き方してます。
スネアかフロアタムかの違い。
で、リンゴは右、右、左と叩いて、左利きのリンゴは「タ タ タン」の「タン」のところでアクセントがつきます。

ジョンのエンディングの口笛は、「ハロー・グッドバイ」であります。

そんなわけで、(どんなわけ?)お時間ありましたら、お付き合い願います。

GeorgeとRingo:電気爺
Paulとjohn:うえい・しょうた

プロダクト説明

Guitar:Martin D-18
Recorder:ZOOM R-16
Microphone:SHURE SM57,SM58
Audio Editor:Sound Engine
DAW:Steinberg Cubase

電気じぃじ

作品紹介・説明

え〜 しょうた電気商会がやってしまいました♫

なんと TWO OF US なのでございます。
しょうたさんから「これやらない?」って言われた時はちょっと焦りましたw
誰でも知ってるビートルズ、しかもあのアルバムの中の曲!
でも、なるべく、、っつうか出来るだけ避けてきたビートルズ(@@!!!
しかぁし、ここは一丁頑張ってやってみるべぇって思い切りました。
それからがしょうたさんを交えての苦難の連続。
やっとこさ完成に相成りました♫
ドラムはオリジナルとは違いますけどそこはご容赦くださいませ。
オカズをあっちこっちにばらまいてしまいました。ただ音だけは何となく似てる感じに〜
してみたつもりなのであります。難しい。

兎にも角にもしょうたさんのギターとボーカルを聴いてくださいますと嬉しいのです。

お時間ありましたら聴いて下さいな。
するってぇとあっしもしょうたさんも昇天しちまいそうに喜びまする(^p^

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple Logic, Apple GarageBand
オーディオインターフェース
EDIROL UA, EDIROL UM, TASCAM US
コンパクトエフェクター
BOSS Compact Series, Dunlop MXR
モニター
EDIROL MA, SONY SMC MDR, audio-technica ATH
コンピュータ
Apple Mac
エレクトリック・ギター
Fender テレキャスター

6件のコメントが寄せられています。

03:39 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 64
  • お気に入り: 16
  • ロック
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "TWO OF US"
    THE BEATLES
    (jasrac) 0T0-5489-6
2015/11/18 19:04