「思い出を抱きしめて」詞:知念順子

Godin(ゴダン)

作品紹介・説明

先日、日帰り旅行へのエピソードを知念さんが素敵な詞にしてくれました。
http://musictrack.jp/musics/67908

旅の目的は2つ。
学生時代に過ごした街と学校を訪ねること。東京多摩地区
数年前に亡くなった学生時代の友人のお墓参りに行くこと。横浜郊外

住んでた街の最寄駅も大きく発展して周りにはビルも立ち並び、住んでたおんぼろアパートはもうすでになく、一軒家になってた。。
まさしく30年以上の月日を感じました。。(笑)
この場所で語らい、歌い、勉強はしなかったな。。(^_^;)
なにも怖いものなどなかった。。ただ、あなたのやさしさが怖かった。。あれ、神田川・・(^_^;)

近所でお世話になった酒屋さんはコンビニになってた。。
訪ねてみました。。
宮城から来たお嫁さんはとても親切にしてくれて、いつも内緒でオマケしてくれた。。(笑)
お会いできなかったけど、ご健在とのこと。。

大学も新しい校舎も増えて変わっていた。。でも正門やら基本は同じで涙が出る位に懐かしい。。
本当に行ってよかった・・あぁ、もう来ることはないと思うと泣けてきた・・いや、また来るぞ、今度は仲間と。。

そこから横浜までの大移動。乗り換え、そしてタクシーを使って友の眠るお寺へ。。
数年前に不慮の事故死。。奥さんも後輩でよく知っている人・・
「やっと、来たぞ!遅くなってほんとにゴメンな!」
寒風の中、しばらく友と語った・・返事はないんだけど。。
じゃあ、またな!

都心へ大移動。いや~なんか移動ばっかりです。。
帰りの新幹線は東京からでなくいつも上野から。大好きな街・・
アメ横を散策して、おみやげを買って、一杯やって(笑)帰路に。。

そんな日帰り旅行だったんです。。
行って良かった・・スッキリした。。

弾き語りです、ひさびさのハープです。
最後には禁断の?効果音を使いました・・演出です(笑)

知念さん、ありがとう~~!

ゴダン

プロダクト説明

blues harp G

使用したプロダクト

レコーダー
KORG D
アコースティック・ギター
Martin Martin

知念順子

作品紹介・説明

この詞に心を込めました

ゴダンさんの旅のエピソードから
ご理解いただければと・・・
説明はいらないと思います
ただ、沸々と感じるものがありました

どうぞお聴きください

プロダクト説明

不明

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
マイク
SHURE SM

32件のコメントが寄せられています。

歌詞

「思い出を抱きしめて」詞:知念順子

あれからあれから どれくらい 
時が過ぎていっただろう
緑が消えて道も家も
すべて変わった街の色

僕はここで学び 君とここで巡り合った
はにかんだ君の髪を 風がとかしていたね

講堂の時計は変わらず あの日と同じリズムで
変わったのは人の流れ でも僕なのかも知れない

たった一日の時間旅行 
君はもう空へいった
思い出を胸に抱きしめて
今住む街に帰ろう



僕はここで夢を  語り合って議論もした
汗がにじむ君の頬 太陽が照らしていたね

チャイムの音は鳴り響き 放課後のときめきを
変わらないで胸を打つ 僕はどこで過ごしただろう

東京の空をどれくらい 
季節が流れていった
新幹線 発車メロディ 
僕は未来にいるんだね

あれからあれから どれくらい
時が過ぎていっただろう
思い出を胸に抱きしめて
今住む街に帰ろう

今住む街に帰ろう

32件のコメントが寄せられています。

05:31 / 192.015kbps

共有する

  • 再生回数: 83
  • お気に入り: 19
  • フォーク
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2015/12/07 15:14