一人の部屋(ハマヤンさんVer)

知念順子

作品紹介・説明

昨年、私の下手なDTMでUPしたことがありますが、今回はハマヤンさんのアレンジでお届けいたします!
作品は中学3年生の冬、真夜中にギターを片手に小さな音でテープレコーダーに録音したのをリメイクしたものです。
頭の中に残っていたメロと、古いノートに残した歌詞、7割はストーリーを去年、変えて作り上げました。

前回の録音はこちら
http://musictrack.jp/index.php?pid=user&uid=20592&mod=sounds&snd=63655

プロダクト説明

不明

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
マイク
SHURE SM

16件のコメントが寄せられています。

歌詞

誰もいないこの部屋の中 ポツンとひとり
スタンド点けて雨の夜に 君を想う
すれ違いの僕らには 何が欠けただろう
思い出たどりぬくもり探し 眠れないよ

ロックと時間と小雨の音が 僕の胸のペンダントに
まるで声をかけるみたい 目を閉じたら・・・

一人ぼっちの部屋の中は 何も残ってないけど
窓の枠に思い出をスライド 色あせたスケッチ


君の大切なタイプライター 棚の隅にあるよ
カタカタと細い指で打つ 二人の名前
疲れ切った小雨の夜 君は背中を向けて
ベッドに潜り消えそうな声で 「死にたい」と言った

命を懸けて守っていくと 手を握り愛を誓った
時は悪戯をしかけてくる すまし顔で

この部屋を片付けている 僕はどこへ行こう
手荷物ひとつだけ抱えて トボトボと歩くよ

誰もいなくなった部屋には ベランダに咲いた
撫子の花が生きていた 君だけがもういない

窓の枠に思い出をスライド 色あせたスケッチ

僕は 歩くよ

16件のコメントが寄せられています。

04:53 / 256.023kbps

共有する

  • 再生回数: 49
  • お気に入り: 10
  • フォーク
  • オリジナル作品
2015/12/15 16:27