朗読 まさかりが淵の言い伝え

Fujoeさん

作品紹介・説明

私の住む家の近くに『まさかりが渕』という憩いの場所があります
緑深い森林の中に清流や滝もあって四季の花花が咲き競う
素敵な場所です(注意 マムシもいる)
地元の小学生も、まさかりが淵の研究をしたりしていて
「え!!横浜市に、こんな場所があるの」と驚く人が多いですが
その地名については現地の案内板によると(民話)木こりが
間違って投げ入れたマサカリが大蛇を退治した・・・云々 となってます
その民話的な話を膨らませて朗読劇になるような組立をしてみました
その際にBGMが欲しくなり模索していると 綾樹さんのサイトで
口笛の子守唄 という曲に出会いました
http://musictrack.jp/index.php?pid=user&uid=10766&mod=sounds&snd=54917
早速曲使用のお伺いをすると
私からの無茶振りにかかわらず今回も快く了解していただきました
おかげで口笛の子守唄のBGMに乗って朗読が心地よくでき、
夢を見ているような感覚で録音できました
また物語の内容に深く入り込んで考察することもできました
そのことの感謝を忘れずに、
地元の小学生や高齢者の方々などへの
まさかりが淵の言い伝えの物語を朗読活動に励んでいこうと思います

YouTubeにもUPしてあります 現地の写真入り
https://www.youtube.com/watch?v=hKLO4p7O3W8

使用したプロダクト

モニター
EDIROL MA

綾樹

作品紹介・説明

この度も!!!
Fujoeさんの優しい!お心遣いによりまして
拙作を素適なお話のBGMに採用して頂きました<m(_ _)m>

また、今回のお話は!
Fujoeさんご自身がこの土地の言い伝え等々を
まとめられて、ご自身で創作されたお話とのことです。
常々!
Fujoeさんが次の世代への橋渡しをされる
まさに!命の語り部のような情熱に
僕もとても勇気づけられ、元気を頂いております。

Fujoeさんの朗読は!とても、味わいがあり
奥深く、 心優しくもあり。厳しくもあり。。。
いつも、同じ表現で恐縮ではありますが(*^^*)
僕が、幼少の頃叶わえなかった、
たとえて申せば、添い寝をしながら読んでくれる父親の
面影を感じます。

皆様も、目を瞑って。
童心に返って。
ゆっくりと味わって頂けると幸いです。
いつも!いつも!!!
お聞きくださる皆様方!!!
本当にどうもありがとうございます<m(_ _)m>

そして!末筆になりますが。
この度も
拙作を採用してくださった
Fujoeさんに心よりの感謝を申し上げます<m(_ _)m>

それでは!皆さま!!!
お楽しみいただければ幸いです<m(_ _)m>

使用したプロダクト

シンセサイザー
Roland SC, KORG X
音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR, MOTU Digital Performer
オーディオインターフェース
EDIROL UA, MOTU MIDI Timepiece
波形編集ソフト
INTERNET Sound it
コンピュータ
Apple Mac, Windows PC Windows PC

2件のコメントが寄せられています。

09:41 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 27
  • お気に入り: 3
  • その他
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
  • 作詞:(脚本)Fujoeさん
  • 作曲:綾樹
  • ボーカル:(朗読)Fujoeさん
2015/12/18 22:25