歌声喫茶「炎」の歌 (歌もの カバー)

Bapak Uchida ①

作品紹介・説明

歌声喫茶、知っていますか?
アコーディオン、 ピアノ等の生伴奏によって、お客さんが一体になり ロシア民謡をはじめ とした各国の民謡、歌曲,唱歌、童謡。ラジオ歌謡、フォークソング歌声運動の曲等、をソフトドリンク,アルコールを飲みながら大きな声で一緒に歌える店なんです。

京都の歌声喫茶「炎」は四条河原町にあって、昭和32年にオープンしたんです。
私は学生時代昭和48年からクローズとなる昭和50年までアルバイトをしていました。

以前、インストを投稿したのですが、今回歌を入れました。
考えてみれば、この歌を何回も聴いていたんですが、歌うのは初めてと気づきました。
私はピアノ伴奏担当の学生アルバイトでしたので、伴奏に必死だったんですね。
原曲ではキーが低くて、3音あげました。インストはDmでしたが歌ものはFmのキーです。
何時もながらのつたない歌声ですが、歴史的価値もある?と思い、投稿します。
昭和レトロを感じて頂ければ嬉しいです。


**yumejさんが当時の雰囲気を醸し出すバージョンを企画してくれました。
http://okmusic.jp/#!/works/62346

"炎の歌"
林 二郎
(jasrac) 110-9175-4

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
エレクトリック・ピアノ
YAMAHA CP1/CP5

01:40 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 88
  • お気に入り: 0
  • フォーク
  • カバー作品
  • "炎の歌"
    林 二郎
    (jasrac) 110-9175-4
2016/01/18 20:33