THE CAT w/ひょい。さん

電気じぃじ

作品紹介・説明

おばんでございます。

しばらくぶりのひょい。さんとのコラボです。
今回はあのジャズオルガンの巨匠ジミー・スミスの超有名な曲でして、
THE CAT です。
これは大昔にいたバンドでやってまして、何とかやれたらって思っていました。
おまけにこの作曲者ラロ・シフリン(@@!
映画音楽界では絶対外せない方であります。
それは置いといて。。。

そしたら何と! MTにはひょい。さんという強い味方が!!!
で、やりませんか? って声をかけたのが去年の暮れ。
快諾していただきました。
それが目出度く形になりました♫

お時間ありましたら是非是非是非! お聴きください。
何卒宜しゅうお願い申し上げます(^o^

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple Logic, Apple GarageBand
オーディオインターフェース
EDIROL UA, EDIROL UM, TASCAM US
エフェクター
T.C. ELECTRONIC M
コンパクトエフェクター
BOSS Compact Series, Dunlop MXR
モニター
EDIROL MA, SONY SMC MDR, audio-technica ATH
コンピュータ
Apple Mac
エレクトリック・ギター
Fender テレキャスター, ESP ESP

ひょい。

作品紹介・説明

電気爺さんよりお話をいただきましてコラボさせていただきました。
お題はJAZZオルガンの神様、ジミー・スミス!!
え~私JAZZは弾けんぞ!と思ったのですが原曲をツベで聴いてみたらなんとブルース進行!
これなら弾けるかもしれないと思いコラボを承諾しました。

そして曲名が「The Cat」ということで猫の足さばき・・・抜き足差し足忍び足・・・そして猛ダッシュからキャット空中三回転のようなジミーの超人的なプレイに驚きながらも何とか近い感じにしたいと思ったのですが結果はデブ猫演奏になってしまいましたが、まあこの辺が私の限界ということで諦めました~^^;
そんなこんなでヘロヘロながらなんとか完成までこぎつけてホッとしております。
電気爺さんありがとうございました~。

それと蛇足ですが、このテイクが私のMTでの通算100曲目…いや~これだけ出来るとは思いませんでしたね。
リスナーの皆様ありがとうございました~!

電気爺さん:ギター、オケ、ミックス
ひょい。:オルガン、ブラスセクション

プロダクト説明

シンセサイザー:YAMAHA MOX6

使用したプロダクト

レコーダー
ZOOM R16

27件のコメントが寄せられています。

04:14 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 77
  • お気に入り: 19
  • フュージョン
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "CAT THE // JOY HOUSE"
    JIMMY SMITH
    (jasrac) 0C0-0831-2
    ミキシング:電気爺
2016/01/29 20:00