早春賦 (アカペラ)

Hiro

作品紹介・説明

女性ボーカルによる、アカペラの早春賦です。
ひらたくいうとボカロなんですが。ストレートにアカペラです。
一番はちょっとだけ斜めに、二番はもうちょっとだけ斜めに、三番はごく普通に、とコードをつけてみました。

昔から好きな曲で、いつか何らかの形で録音してみたいと思っていました。
そして、今の時期によく合う曲かな、とも思いまして。

日本語は美しい、と改めて感じ入りました。

早春賦

作詞:吉丸一昌
作曲:中田章

春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず

氷融け去り 葦は角ぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる 胸の思いを
いかにせよとの この頃か
いかにせよとの この頃か

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase

02:33 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 25
  • お気に入り: 0
  • 童謡・唱歌
  • パブリックドメイン作品
  • "早春賦"
  • 作詞:吉丸一昌
  • 作曲:中田章
2016/02/16 12:49