「天まで届け」 1557 作詞 彩本 侑里

MILKHOUSE

作品紹介・説明

桜の開花宣言の後、寒い日が続いて桜の花も開ききれないでいるようです。
「天まで届け」は切々たる思いを綴った詞ですが、願いを叶えてあげたいですね。
もうすぐ4月。新しいことが待っているような気にもさせます。
彩本さん ありがとうございました。ではどうぞ。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
モニター
AKG K
MIDIコントローラー
EDIROL PCR

彩本侑里

作品紹介・説明

MILKHOUSEさんとのコラボ9作目になりました。
今回は内容が重いせいか、色々作ってみて、迷われたそうで、他のメロディーも聴かせて頂き、そこで感想を述べて、また悩ませて、一旦完成したものをまた練り直されたりで、随分手間のかかった詞でした。
桜が地域によっては開花して、焦られたMILKHOUSEさんのためにか(笑) また肌寒くなり、桜の季節に間に合いました! 
MILKHOUSEさん お疲れさまでした。

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

3件のコメントが寄せられています。

歌詞

「天まで届け」 1557 作詞 彩本 侑里さん

色とりどりの 千代紙で
鶴を折ります 心を籠めて
元気になって あの人が
早く帰って 来ますよに

天まで届け わたしの願い
天まで届く日 あといくつ

観音さまに 手を合わせ
縋る思いの 願掛け参り
お茶断ちしても 足りぬなら
何を断ちましょ その日まで

天まで届け わたしの願い 
天まで届く日 きっと来る

並木に桜 咲く頃は
ふたり笑顔で 歩いてますね
泣きそな心 照らすよな
空にやさしい お月さま

天まで届け わたしの願い 
天まで届いて 春よ来い

3件のコメントが寄せられています。

04:15 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 43
  • お気に入り: 5
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2016/03/28 05:40