うた / 大塚まさじ

nekoh

作品紹介・説明

大塚まさじ「遠い昔僕は・・・」(1976)
金子マリとバックスバニーが「Shoot the moon」(1978)で演奏してますがこれもイイです。

ダイタカさんがソロで歌ってますが、学生時代にバンドで演奏してた思い入れが有る曲なので歌ってもらいました。
http://musictrack.jp/musics/21821

プレ王時代、ダイタカさんと音友になったキッカケの曲じゃないかと思ってます。
西岡恭蔵さん、大塚まさじさんの曲をアップ(当時はMIDI)してるなんて他にほぼ居なかったので目に付いたのかなと思います。
その後、同じアルバムの「天王寺想い出通り」を歌ってもらいました。
http://musictrack.jp/musics/31591
まさじさんの個性的な歌はむづかしいのですが、そこはさすがのダイタカさんです。
あらためて感謝です。

プロダクト説明

【Audio track】MIDI音源 SC-88pro
【Drums】Bank0 Standard1
【Audio Tr6】Kick/Snare/HH/Ride Cym/Crash Cym/Toms
【Bass】#33 bank 256 Jazz Bs
【Piano】#01 bank 1024 Piano 1w(stereo/L-low->hi-R)
pluginで左右入れ替えL-hi/R-low 広がり調整
【E.Guitar】#27 bank 2048 TC Front アンプシミュで色づけ
【A.SAX】#65 bank 0
【Chorus】間奏 #54 bank 1024 Syn.Voice
【Vocal/Cho】ダイタカさん

使用したプロダクト

シンセサイザー
Roland SC
音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
オーディオインターフェース
EDIROL UA
MIDIコントローラー
EDIROL PCR
モニター
SONY SMC MDR

daitaka

作品紹介・説明

 「くたばってもいい 死んでもいい 僕の血がそっくりそのまま 声となり言葉となって 今を時代を唄うなら・・・・・」
 初めて聴いた時からフレーズが頭にこびりついて早もう40年、この曲は、先に公開しとる「悲しい日々」と並んで、ずっと儂の頭の中にあった曲なんじゃが(歌っとるとね、学生時代からずっと現在までのいろんな場面が浮かんでくるんよ)、一般的にはほとんど知られてないんかな?

 今回Nekohさんから誘ってもらって、改めて歌わせてもらったけど、ネタをばらすと、今回の儂の唄は一発OKちゅうか(自分で言うなってか、ハッハ)歌の録音は、実はこのTake1回だけなんよ。
 上手く言えんのんじゃけど、Nekohさんのオケを聴いとるとねぇ、こう歌ってやろう、ああ歌ってやろうなんて気持ちが全くなくなるちゅうんかな?
 すっと曲の中に入っていけるんで、そんでかな?
 以前、ソロでもこの曲登録しとんじゃけど(ほとんど聞かれてないけど、ハハッハハ)Nekohさんのオケに乗ると歌が全然違ってくるから不思議じゃね(笑)

 ほんで、実は、この曲は、Nekohさんも書かれとるように、プレ王時代にNekohさんと音友になっってもらったキッカケの曲じゃなかったかな? 
 
 作詞は田川律さんで、心(の色)と情景(の色)が重なり合って一つの色(イメージ)を作っていく、ちゅうたらえんかな?ほんといい詩じゃ思うなぁ

プロダクト説明

オーディオインターフェース:ZOOM R-8

使用したプロダクト

マイク
SHURE BETA
モニター
audio-technica ATH
コンピュータ
Windows PC Windows PC

9件のコメントが寄せられています。

03:25 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 84
  • お気に入り: 15
  • Jポップ
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "うた"
    大塚まさじ
    (jasrac) 010-4008-1
    ボーカル:ダイタカ
    ミキシング:nekoh
2016/05/27 17:16