プーランクのクラリネットとピアノのためのソナタ 第二楽章 Romanza (テルミン) [2016.6.1]

三毛子

作品紹介・説明

プーランクが晩年に書いた曲で、この楽章は1955年に死去した友人アルテュール・オネゲルへの追悼ですが、初演の1963年4月にはプーランク本人も亡くなっていました。
仄暗いメランコリックなメロディがテルミンに合うと思い、昨年から練習していましたが、ライヴ準備や他の曲を弾いているうちに一年が過ぎてしまいました。
テルミンの特性上、スケールはグリッサンドになってしまいますが、それもまた面白い仕上がりかと。
ちなみに他の楽章は・・・弾けません(^^;ゞ

プロダクト説明

レコーダー:Fostex VF80

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
モニター
SONY SMC MDR
PCM音源ソフト
GARRITAN GARRITAN
シンセサイザー
MOOG Theremin

04:41 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 23
  • お気に入り: 1
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • "Sonate pour clarinette et piano 2. Romanza (Très calme)"
  • 作曲:Francis Jean Marcel Poulenc
2016/06/01 18:42