「サングラスを掛けたまま」 1578 作詞 彩本 侑里

MILKHOUSE

作品紹介・説明

彩本さんとのコラボです。ジャズも久しぶりに作りました。9月に入り、暑い日が続くかと思いましたが
台風ばかり、いつのまにか涼しくなりそうです。サングラスは学生の時にして以来したことはありませんが、
してみたい気持ちもあって、涙を隠すためにするというより、違う自分になれるというようなヒーロー願望が
あるのかなぁと思ったりしています。結局しないんですけど。
彩本さんありがとうございました。ではどうぞ。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
モニター
AKG K
MIDIコントローラー
EDIROL PCR

彩本侑里

作品紹介・説明

ジャズのお得意なMILKHOUSEさんに、お洒落なジャズにして頂きました。 悲しい詞ですが、暗くならないのはメロディーのお陰でしょう。 歌も何度も練習してくださったようで、ムード満点のVo.ですね!  ありがとうございました♪  

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

9件のコメントが寄せられています。

歌詞

「サングラスを掛けたまま」 1578 作詞 彩本 侑里さん

今でも街を歩くだけで  ふと涙が溢れ出すの
いつも隣にいたあなたが  もうここには いないなんて

この現実に まだ慣れなくて  外に出ることも 辛くてたまらない

サングラスをして出かけるの
何処にいても 何を見ても すぐに  泣き出しそうだから

手にはハンカチ 握りしめてる
サングラスの淵をつたう涙  すばやく拭けるよう

買い物帰り 寄り道して  よくお茶した 店の前を
通っただけで 悲しくなるの  もうあの日に 戻れないの

想い出辿る 癖が抜けない  わたしにはまるで 昨日のことのよう

サングラスをまだ外せない
夏も過ぎて 季節はもう秋に  変わって行くのにね

人恋しい季節になれば
なおさら駄目 すぐに泣いてしまう  何処にも行けない

サングラスを掛けたまま

9件のコメントが寄せられています。

03:39 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 42
  • お気に入り: 7
  • ジャズ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2016/09/17 08:58