花芯

オノリエコ

作品紹介・説明

「女」と言う性を歌ってみました。

プロダクト説明

今回のアコギはGSminiで録音してます。

使用したプロダクト

レコーダー
Roland VS
マイク
SHURE BETA
シンセサイザー
KORG M50

2件のコメントが寄せられています。

歌詞

花散る頃に 出会った貴方は
小高い丘の かわいい家で
待ってる人の 知らない隙に
私にそっと 口づけして行く

戻れる道を 迷っただけで
本当は少しも 愛してなかった
そしてそれを 知りつつ抱かれ
このまま漕ぎ出して 深い湖へ沈もう

夢なんて 見なかった
見たのは幻
恋なんて しなかった
貴方には

花びらが枯れて残るのは
私の中の 女だけ
生まれたときから 女です
死に行くその日まで 女です


飛べない鳥に 例えた私を
大きな貴方で 包んで欲しかった
だけどもそれは ままごと遊びで
茶碗もコップも 真似事みたいで

おのずと遠のく 意識の中で
何度も貴方を 呼んでみました
飛べない鳥は 無意識の中で
貴方と一緒に 果ててみたのです

愛なんて 選ばない
体が欲しいの
屍を 引きずって
橋を渡るわ

私の芽の中で 咲いた花
貴方の舌先で 触れてみて
目隠しされても 匂うから
遠く離れても 燃えるから

花びらが枯れて残るのは
私の中の 女だけ
生まれたときから 女です
死に行くその日まで 女です

花散る頃に出会った私を
大きな貴方で包んで欲しかった
飛べない鳥は無意識の中で
貴方と一緒に果ててみたのです

2件のコメントが寄せられています。

05:16 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 48
  • お気に入り: 6
  • ロック
  • オリジナル作品
2016/09/24 17:30