Still some time ~それでも いつか~ 1592 作詞 MANABU

MILKHOUSE

作品紹介・説明

毎日雪が降ったり、暖かかったり、雨だったり、目まぐるしく過ぎて行くようです。
体調を崩しがちな日が続きますが、気を付けてくださいね。
「Still some time」は言葉の通り、それでもいつか、殻を破って新しい自分を作り上げようという
詞なので、リズムを強調したアレンジにしてみました。
MANABUさん ありがとうございます。

お知らせ、あと3曲ほどで1600曲になります。1600曲達成しましたら、また記念CDを作りますので、
ご希望な方10名に差し上げます。申込みはMILKHOUSEまでご連絡ください。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
モニター
AKG K
MIDIコントローラー
EDIROL PCR

夢民/MANABU

まだ作品情報が入力されていません

2件のコメントが寄せられています。

歌詞

「Still some time ~それでも いつか~ 」1592 作詞 MANABUさん

きっと誰もが 心のなかに
深い悲しみ 持ち歩いてる
誰に打ち明けること 言い訳することも
隠し続けるように 薄れてゆくことを
時間(とき)に任せている

Still some time. それでもいつか
優しい風が吹いて
澄んだ空を仰げば  それはとても小さな
ことの様に感じた

人は弱くて  臆病だから
傷つくことを  恐れているよ
でも孤独を感じては  温もりを求めて
街をさまようけれど  独りに慣れること
強さを身にまとう

Still some time. それでもいつか
優しい風が吹いて
澄んだ空を仰げば  それはとても小さな
ことの様に感じた

Still some time. それでもいつか
きっと僕は強くなる
~繰り返し

2件のコメントが寄せられています。

04:20 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 23
  • お気に入り: 1
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2016/11/27 10:22