THE COURT OF THE CRIMSON KING/KING CRIMSON

こえいち

作品紹介・説明

1969年リリースの傑作アルバム「クリムゾン・キングの宮殿」のタイトル曲です。

アルバムの最後を締めくくる雄大な曲です。グループ名のキング・クリムゾン (King Crimson)もこの曲からつけられました。

キング・クリムゾン (King Crimson) は、イギリスの1968年末結成のプログレ・バンドですが現在のリーダー格のロバート・フリップは自身の音楽をプログレ扱いされることを嫌っているらしいです。キング・クリムゾンの前身JJ&F時代とはイアン・マクドナルドが加わってからコロッと変わりイアン・マクドナルドの影響大でプログレ化したものと思われます。実際この曲の収録アルバム「クリムゾン・キングの宮殿」時代はイアン・マクドナルドが総指揮をとってたようです。イアン・マクドナルドはこの後、抜けてしまうのですが(McDonald & Giles結成・・もうひつパッとしないアルバム)後にロバート・フリップがリーダーを務めることになったようです。一部ロバート・フリップはギターは下手だと云われてるようですがイーノのアルバムに参加した「Babys on Fire」のギターは痺れます~。

使用したプロダクト

シンセサイザー
Roland SC
音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
ボーカロイド
CRYPTON 巡音ルカ

4件のコメントが寄せられています。

08:05 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 115
  • お気に入り: 4
  • プログレッシブ
  • カバー作品
  • "COURT OF THE CRIMSON KING THE"
    KING CRIMSON
    (jasrac) 0C0-1981-1
2009/10/10 22:03