「バスが来るまで2017」 1605 作詞 ミントさん

MILKHOUSE

作品紹介・説明

2012年にリニューアルして公開したミントさんとのコラボ曲です。
中身を若干修正し歌い直ししました。今回の方が聴きやすいかと思います。
「バスが来るまで」は先日、Avlarさん作曲分とナオさんのボーカルのものと2編公開されています。
この曲とは競作になりますので、そちらも聞いてくださいね。
ミントさん ありがとうございます。ではどうぞ。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
モニター
AKG K
MIDIコントローラー
EDIROL PCR

ミント

まだ作品情報が入力されていません

3件のコメントが寄せられています。

歌詞

「バスが来るまで2017」 1605 作詞 ミントさん

黄昏の公園で こうして二人
肩寄せて歩くのも 今日で終わりね
穏やかに包み込む その眼差しを
いつまでもいつまでも 忘れぬよう
バスが来るまで みつめていたい
愛の形を 覚えていたい

人形になれるなら 迷いはしない
なにもんも振り捨て あなたと生きる
夢見ればまた涙 あふれるけれど
想い出を道連れに 歩けるように
もう少しだけ 甘えていたい
このひとときも 忘れたくない

わがままな女にも なれないくせに
影のように寄り添って ついていきたい
結ばれぬ運命(さだめ)だと 泣き疲れても
ぬくもりを抱きしめて 暮らせるように
バスが来るまで みつめていたい
愛の形を 覚えていたい
つないだ指を 離さないでね
あと少しだけ バスが来るまで
バスが来るまで

3件のコメントが寄せられています。

04:13 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 28
  • お気に入り: 0
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2017/01/14 09:23