哀しみの電気ブラン kanさんに丸投げシリーズ

電気じぃじ

作品紹介・説明

え〜 嬉し恥ずかしの丸投げシリーズでおます。
その昔、神谷傳兵衛(でんべえ)さんが、どっかから入手したアルコールで作ったという曰く付きの偽ブランデーww
通称「電気ブラン」
その哀愁を帯びた名前に惹きつけられた我ら二人><
とんでもないものを作ってみました。

お時間ありましたら聴いてやって下さいませ。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple Logic, Apple GarageBand
オーディオインターフェース
EDIROL UA, EDIROL UM
エフェクター
T.C. ELECTRONIC M
コンパクトエフェクター
BOSS Compact Series, Dunlop MXR
モニター
EDIROL MA, SONY SMC MDR, audio-technica ATH
コンピュータ
Apple Mac
エレクトリック・ギター
Fender テレキャスター, ESP ESP
MIDIコントローラー
E-MU Xboard

kankan

作品紹介・説明

どもです。お馴染みの丸投げされるシリーズです。
しかも、お題は「かなしみの電気ブラン」。って仮なんすが。
ってか、電気ブランって、懐かし過ぎる。しかも、いい思い出がない。
目が潰れるんじゃないのとか悪口言いながら、しこたま飲んだスタジオの深夜。
翌日は頭ガンガン。ほとんど働けなかった。
現実にはそんな接点ですが、ちと色気をつけての歌詞であります。

皆さんも一度、電気ブラン飲んでみてくださいな。まわしものではないけれど。

プロダクト説明

ブルスハープ F

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple GarageBand
マイク
RODE NT
モニター
SONY SMC MDR
コンピュータ
Apple Mac

10件のコメントが寄せられています。

歌詞

[歌詞]悲しみの電気ブラン
key ; C BPM ; 110

消え入りそうな 古いガス灯と煉瓦道
硝子のドアを開けると 無愛想なマスター
座り心地の悪い椅子に のっかると
黙っててもグラスが差し出される
注がれるのは いつも電気ブラン
ツマミはいつも ナッツ&チーズ
ボクはいつも 何を待っている

ボクはいつも 何を待っている
ボクにはいまも 昔しかないでいる
ボクはいつも 何を待っている

あれは何年前だったけか 名前は確か。。。
えっとえっと まりあだっけ マリーだっけ
いつもそこの椅子に 座っていた

<inc>

でも いい娘だった イカしてたね
とりあえず いつも 電位ブラン
つまみは いつも ナッツ&チーズ
彼女は いつも 何も語らない
彼女は いつも 今しかなかった
彼女は いつも 何も語らない
とりあえず いつも 電位ブラン
つまみは いつも ナッツ&チーズ

<inc.>

一度だけ愛し合った 彼女は泣いていた
ボクは泣いてる彼女を抱いていた
泣きながら彼女は 電気ブランを飲んでいた
まずそうに

10件のコメントが寄せられています。

03:23 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 26
  • お気に入り: 11
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2017/02/15 22:26