「I am アラサー」1622 作詞 まろん

MILKHOUSE

作品紹介・説明

アラサーと言っても僕にとっては子供世代。ほほえましく思ってしまう。なんてね。
社会に出て10年は確かに一つの節目になるんでしょう。今年の春分は20日。
これも節目ですね。やっと春が来ます。
まろんさん ありがとうございました。ではどうぞ。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
モニター
AKG K
MIDIコントローラー
EDIROL PCR

まろん/呼都玻(kotoha)

まだ作品情報が入力されていません

4件のコメントが寄せられています。

歌詞

「I am アラサー」 1622 作詞 まろんさん

朝 目覚めても 変わりばえない日々  もう 昔みたいに フワフワ出来ない
手を延ばして みたところで  サラサラと 指を 通り抜ける夢
現実って 甘くない

仕事も 彼氏も 他人(ヒト)に取られて   からっから 枯れている あたしアラサー
鏡に写る 自分を あざ笑う  その癖 必死な人達を 眺めては
上から ほくそ笑んでる

だけど 時間は イタズラに 過ぎていく  1秒1秒 無駄に出来ない
My life あたしのストーリー
自分から 動かなきゃ  何も 始まらない
本気だして やったろーじゃないの

生クリームを まとってる  あたしは 最強の Strawberryなんだから

まぁ それなりに 積み上げてきたモノ  もう 昔 見たよに キラキラ見えない
お陰さまで 暮らせてる  グダグタと お酒を 飲み合いながら
女同志 盛り上がる

あの時に 戻れる 事があったら  簡単に 捨ててきた 人やものたちが
輝き放ち 今映る  逃した 魚はデカかった 悔やんでも
今さら 取り返せない

でもね ココロを お互いに 支え合う  大事な人達 もう無くせない
My life 歩いて行く明日
過ぎたコト 背負っても  そこを 抜け出せない
イチかバチか やったろーじゃないの

ブーケの中で ひときわに  あたしは 紅く咲く 目立つRoseなんだから
わたしは 最強の アラサー なんだから 見くびらないで

4件のコメントが寄せられています。

04:40 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 52
  • お気に入り: 3
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2017/03/17 08:11