SINGING THE BLUES

へっぽこ O

作品紹介・説明

電気爺さんとのコラボです。春先に電気爺さんと電話で話していた際、「向こう(アメリカやイギリス)ではスタンダードナンバーなんだけど、日本ではイマイチ知られていない曲」という話題になり、この曲が挙がりました。(オリジナルは1956年のマーティー・ロビンスですが、同年にガイ・ミッチェルのバージョンが全米1位を獲ったことでスタンダードナンバーとなったと言っていいでしょう。)

僕もこの曲、なんとなく聴いていたイメージですが、タイトルとメロディーが一致したのは90年代の初めにポール・マッカートニーがアンプラグドでカバーした時です。

今回は電気爺さんに教えていただいたアメリカのグループ、「Kentucky Headhunters」の風味を取り入れ(やっぱり本場のカントリーの人は上手い!全然手が届かず往生しました。)、ポール・マッカートニーとKentucky Headhuntersを混ぜた感じのボーカルスタイルでやってみました。

またギターは電気爺さんにいただいたAWARD SESSIONMASTER DIRECT RECORDING PREAMP JD10の使い方にようやく少し慣れてきて、Fender Noiseless N3 Pickupと組み合わせることで、ノイズの少ない現代的なハーフトーンをなんとかちょこっとだけ出せるようになりました。電気爺さんありがとうございました!

よろしければお聴きください。

プロダクト説明

RODE M3
AWARD SESSIONMASTER DIRECT RECORDING PREAMP JD10
Fender Noiseless N3 Pickup
Sonic Turbo Blender

使用したプロダクト

エレクトリック・ギター
Fender ストラトキャスター
音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR X1

電気爺

作品紹介・説明

おばんでございます、真っ平御免なさいませ。
へっぽこさんとのコラボです。
SINGING THE BLUES  ってこれまた日本ではイマイチ知名度の低い曲をやっつけました。
この曲は米国ではもちろんですけど、英国でもかなりヒットしたみたいです。
色々なアーチストが色々なアプローチでカバーしてますです♫

今回もへっぽこさんに頑張っていただきました。
おまけにギターの音が太くていい音!
一聴の価値ありと思います、もちろんボーカルも!

お時間ありましたら是非聴いて見てください、多分どっかで聴いたことのある曲かもです(^^

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple Logic, Apple GarageBand
オーディオインターフェース
EDIROL UA, EDIROL UM, TASCAM US
エフェクター
T.C. ELECTRONIC M
コンパクトエフェクター
BOSS Compact Series, Dunlop MXR
モニター
EDIROL MA, SONY SMC MDR, audio-technica ATH
コンピュータ
Apple Mac
エレクトリック・ギター
Fender テレキャスター, ESP ESP
MIDIコントローラー
E-MU Xboard

6件のコメントが寄せられています。

02:54 / 256.038kbps

共有する

  • 再生回数: 58
  • お気に入り: 20
  • カントリー
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "SINGING THE BLUES"
    GUY MITCHELL
    (jasrac) 0S0-4450-1
    ボーカル:へっぽこO
    ミキシング:電気爺 へっぽこO
2017/06/10 16:17