紅孔雀

知念順子

作品紹介・説明

OKミュージックでコラボもさせていただいている
bclさんから曲とオケをいただきました。
http://creators.okmusic.jp/#!/user/36463

作詞を担当するにあたりイメージに苦しみましたが、
作詞の場所はというと、沖縄では珍しくないA&Wという
アメリカンスタイルのハンバーガーやさん。
強く哀しい女の人生を描くのには場違いなところ
でしたけど(笑)なんとか頭がふらふらになるまで
2時間集中しました。
紅孔雀は孔雀サボテンのことで、家の鉢に毎年咲き、
月下美人のようなもので夜に咲く美しい花です。
bclさんの作曲、アレンジはいつも完成度が高いので
楽しませていただいてます。ありがとうございました。

☆bclさんよりコメント☆

久しぶりに順子さんとコラボしました。
なんと演歌です(笑)!
人生のワビサビを知り尽くした二人が、
今宵お届けします「紅孔雀」!
順子さんが手がけた詞と歌をご堪能ください!

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
マイク
SHURE SM

bcl

まだ作品情報が入力されていません

13件のコメントが寄せられています。

歌詞

うなじを滑る残り香が むさぼるように胸を打つ
追うことさえも出来なくて 涙も枯れた夜明け前

罪を束ねて生きる 毒で爪を研ぐ侘しさよ
体震わせながら 唇重ねて媚薬を散らす

花びら燃やし 心開いて
春は過ぎ 夏草乱れて 夜露に濡れる
月影ひとつ 風に吹かれて 
人知れず生きると誓った 紅孔雀よ


無情な雨はあの人を 来させぬように降りしきる
叶わぬ恋と知りながら 涙が溢れて焦がれてる

道はいくつもあって なぜに戻れない悪戯よ
星は優しく光る 時の定めを燃え尽きるため

翼を広げ 夢を抱いて 
鳥のように 飛べたらいいのに 舞い上がれない
銀河の果てを 憂い流され
薫り咲く可憐な恋花 紅孔雀よ


罪を束ねて生きる 毒で爪を研ぐ侘しさよ
体震わせながら 唇重ねて媚薬を散らす

花びら燃やし 心開いて
春は過ぎ 夏草乱れて 夜露に濡れる
月影ひとつ 風に吹かれて 
人知れず生きると誓った 紅孔雀よ

13件のコメントが寄せられています。

06:08 / 256.018kbps

共有する

  • 再生回数: 68
  • お気に入り: 8
  • 演歌
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2017/06/25 22:42