「ララバイ」 1633 作詞 ミントさん

milk2

作品紹介・説明

この詞を預かった「ミントさん」とは2010年からコラボをはじめ10曲目になります。
本来は演歌しの方ですが、僕はすぐいろいろなリズムで曲を付けたりしますので、
面食らうことも多かったと思います。 
「ララバイ」は亡くなった方を偲ぶ歌ということですが、ここ当分は偲ばれるほうにならないように
したいものです。
ミントさん ありがとうございます。ではどうぞ。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
エレクトリック・ベース
TUNE TUNE

ミント

まだ作品情報が入力されていません

2件のコメントが寄せられています。

歌詞

「ララバイ」 1633 作詞 ミントさん

あなたが遺した愛の歌 今は私の子守歌

 人波に押され流されて
 行き着く場所さえわからない
 歯車通りに運ばれる
 先には何があるのやら
 あなたが命を閉じてから 私は迷子になったまま

 淡雪のように 風花(かざはな)のように
 若い命が 消えてしまった
 抱えきれない 苦しみも消えて
 やっと眠りについたのだろう
 あなたが歌った愛の歌 今は私の子守歌

虚しさに心潰されて
 どうしていいのかわからない
 出口の見えない暗闇で
 何を頼ればいいのやら
 あなたが命を閉じてから 私は彷徨(さまよ)い続けてる

 淡雪のように 風花のように
 ふわり儚く 消えてしまった
 堪えきれない 哀しみも消えて
 深い眠りについたのだろう
 あなたが歌った愛の歌 今は私の子守歌

※あなたが遺した愛の歌 今は私の子守歌

2件のコメントが寄せられています。

04:32 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 20
  • お気に入り: 0
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2017/07/08 08:29