シャンプー/山下達郎

ユウジ

作品紹介・説明

(作詞:CHINFA KAN 作曲:山下達郎)

以前やった「シャンプー」の弾き語りVer、今回アルトサックスのJ-LOUISIANAさんを迎えて再ミックスです!

元々は1979年に達郎がアン・ルイスの為に書いた作品ですが達郎自身のステージでは弾き語りがお馴染みのナンバーです。
この弾き語りVerを最初に聴いたのは1982年のライブ。
達郎の弾くローズピアノと土岐英史氏のサックスに痺れました。
この弾き語りをやりたくてピアノを猛練習したのを覚えてます^^

前回はサックスパートなしでのアップでした。
ジャジーでチャーミングな曲なのでサックスをシンセで代用するのが嫌だったからです。
しかし物足りなさはずっとあり。。今回ダメ元でJ-LOUISIANAさんにお願いしました。
LOUISIANAさんはEWIとアルトサックスでジャズ、フュージョンをやられています。
いきなり達郎をふられ困惑したと思いますが(笑)
快諾頂き感謝いたします。
原曲はソプラノサックスですがLOUISIANAさんにはアルトサックスで演奏して頂きました。
エレピ・オンリーのバラードなので難儀されたと思います。
しかし速いパッセージやフレーズのタイミングはお見事!
やはりホンモノの存在感は凄いと実感しました。
リアル感が増したのでローズの音色も変えミックスもやり直しました。
余談ですがスクエア好きのJ-LOUISIANAさんと共通点を探してたら。。
達郎のバンドメンバーだった青山純さんが元スクエアだったなぁ。。と思い出したり^^

マニアックなナンバーですが沢山の皆さんにお聴きいただければ嬉しいです♪

J-LOUISIANAさんお世話になりました。

プロダクト説明

Eectric Piano(UVI Tines Anthology)

使用したプロダクト

マイク
audio-technica AT
コンピュータ
Windows PC Windows PC
モニター
BOSE Companion®
オーディオインターフェース
TASCAM US
音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR X1

J-LOUISIANA

作品紹介・説明

ユウジ様に依頼頂き、初めてコラボ演奏しました。
曲も良く知らずに引き受けましたが音源聴いて、
あまりの難しさに逃げようかと思いました。
これも経験・勉強だと言い聞かせ、地味に耳コピから始めました。
1.原曲はソプラノサックスの曲をアルトで演奏するので
部分的に1オクターブ下げたり違和感でないように取り組みました。
2.アルトサックスでのキーがC#で音質も運指も難易度高かったですが、
運指の新たな発見などC#キーの取り組み方を勉強する良い機会になりました。
自分の演奏は土岐様より音数をかなり減らしてますが、
それでも難しさを感じながらの演奏でした。

コラボはプレッシャーも充実感も両方すごいなと思いました。
また機会あればとおもいますが、
直近は自作曲を仕上げたり、予定している課題を先に処理しようとおもいます。

ユウジ様、オファーありがとうございました。

プロダクト説明

アルトサックス

7件のコメントが寄せられています。

04:15 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 52
  • お気に入り: 11
  • Jポップ
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "シャンプー"
    山下達郎
    (jasrac) 040-2828-7
    ボーカル:ユウジ
    ミキシング:ユウジ
2017/07/15 18:24