「藤の花」1641 作詞 まろん

milk2

作品紹介・説明

いよいよお盆ですね。雨が降ったり、涼しかったり、変な日が続きますが、「藤の花」はなき人との想い出を
つづった詞ですので、あっているのではないでしょうか。
まろんさん ありがとうございます。ではどうぞ。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
コンピュータ
Windows PC Windows PC

まろん

まだ作品情報が入力されていません

1件のコメントが寄せられています。

歌詞

「藤の花」 1641 作詞 まろんさん

人は死んだら 何処へ逝くのかな
小さな私は 一緒の布団の
中で貴女に 尋ねてた
死んでみないと わからないね
貴女は私に そう答えてくれた
Grandmother leave this world
亡骸の前で 信じられなくて
何度も貴女の 名前を呼んだ
煙となり遠ざかる 魂を見た時
貴女の好きな 藤の花が咲いてた

紫色の 花が咲く季節
貴女の笑顔が 毎年重なる
大きな愛で 育んだ
子供の頃の 記憶の中
貴女の温もり 包まれた幸せ
Grandmother leave this world
貴女の可愛い ひ孫も今年は
結婚したよと 幼い息子
手を繋いで歩いてた 懐かしい姿が
浮かんで消える 藤の花に呟く

Grandmother leave this world
亡骸の前で 信じられなくて
何度も貴女の 名前を呼んだ
煙となり遠ざかる 魂を見た時
貴女の好きな 藤の花が咲いてた

1件のコメントが寄せられています。

05:30 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 57
  • お気に入り: 4
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2017/08/12 08:40