LET'S HAVE A PARTY / Elvis Presley

へっぽこ O

作品紹介・説明

電気爺さんとのコラボです。

今年(2017年)はエルビス・プレスリーの没後40年にあたります。亡くなった当時のことは今でも覚えています。当時の日本の報道では「エルビス」ではなく、「プレスリー」という方が多かったと記憶しています。(1960年の小津安二郎の映画「秋日和」にも「プレスリー」という台詞が出てきてビックリした覚えがあります。いつから日本でも「エルビス」という呼び方が浸透してきたのでしょうか?)

それはさておき、電気爺さんと何かエルビスの曲をやろうということになりました。湿っぽい曲はあまりエルビスには似合わないと思い、明るい曲にしてみました。

この「Let’s have a party」という曲、実は僕はBCRで覚えました。エルビスが亡くなる半年ちょっと前、1976年の12月にBCRが初来日して、10代の間では大きな話題となっていました。武道館公演の模様が東京12チャンネルで放送され、僕もカセットで録音(まだ家にVTRなどない時代だったので録画ではない)して目を皿のようにしてみました。

その時、当時新加入したばかりだったパット・マッグリンの唯一の持ち歌が「Let's have a party」だったのです。(当時の武道館公演の演奏がコチラ

軽快なノリのロックンロールで大好きでした。(曲前に番組の司会を務めたせんだみつおが言った「アイドルのパット、アドパト」という、しょうもない台詞も込みで鮮明に覚えています。)

今回はそのような40年前のことを思い出しながら歌ってみました。電気爺さんにはエンディングの部分でちょっとテンポを落としていただき、エルビスっぽい雰囲気を作っていただきました。ありがとうございました!

今日(8 月16日)はエルビスの命日です。

よろしければお聴きください。

プロダクト説明

RODE M3
AWARD SESSIONMASTER DIRECT RECORDING PREAMP JD10
LINE6 UX1
Fender Noiseless N3pickup

使用したプロダクト

エレクトリック・ギター
Fender ストラトキャスター, Fender テレキャスター
音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR X1

電気じぃじ

作品紹介・説明

追悼エルビスです。

鬱陶しい雨が続くし、やっぱロックのキングには賑々しいのがお似合いってんでOさんが選曲。
BCRがやってたのは全く知りませんでした、Oさんから聞いて初めて知った次第であります。
あたしゃこの曲はポールのRun Devil Runってアルバムでお馴染みだったので一も二もなく是非ってやらせていただきました。O さんのロカビリーちっくなソロもさることながらボーカルが此れ又イカしてます。

こんな戻り梅雨ごとき雨模様に負けてはなるかってんでwお時間ありましたら聴いてやって下さいませ。するッてぇと二人とも失禁w湿疹ww失神寸前の喜びでございます♫

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple Logic, Apple GarageBand
オーディオインターフェース
EDIROL UA, EDIROL UM, TASCAM US
エフェクター
T.C. ELECTRONIC M
コンパクトエフェクター
BOSS Compact Series, Dunlop MXR
モニター
EDIROL MA, SONY SMC MDR, audio-technica ATH
コンピュータ
Apple Mac
エレクトリック・ギター
Fender テレキャスター, ESP ESP
MIDIコントローラー
E-MU Xboard

15件のコメントが寄せられています。

02:32 / 256.044kbps

共有する

  • 再生回数: 43
  • お気に入り: 19
  • ロック
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "LET'S HAVE A PARTY"
    ELVIS PRESLEY
    (jasrac) 0L0-6990-7
    ボーカル:へっぽこO
    ミキシング:電気爺 へっぽこO
2017/08/16 12:29