或る晴れた日

Jun Yamamoto

作品紹介・説明

大貫妙子さんの名曲「或る晴れた日」です。

この二人は別れて2年以上は経っているんでしょうかね。さだまさしさんの「歳時記(ダイアリィ)」では「つまり、それが二年の月日」だったかな。でも、なぜか会うわけだな。どういういきさつで再会することになったのか。それで、それぞれの新しいパートナーについても言葉少なに語ったりするわけだ。この一番の歌詞は秀逸だなぁ。「私は彼のこと、あなたは彼女のこと、すこしだけ話して」のところが大好き。

「女性は完全over-wright」だというけれど、「泡の如く」記憶が蘇ることがあるのだろうか。それともこれは妙子さんの男性へのサービス?

「行く先を告げられない二艘の船」は風にゆれているようだが、まだこの先の展開があるのか。10年後、20年後の再会が?

歌ってみるとなんという難しい旋律線か。一度完全に書き起こしてみたのですが、ほぼ非人間的といっていい音の使い方ですが、大貫さんの手にかかるととても表情豊かになるのですね。前奏の間奏のアイデアも秀逸だと思います。

プロダクト説明

Xpand2! (ストリングスを使用)

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR, makemusic Finale
PCM音源ソフト
GARRITAN GARRITAN

04:08 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 10
  • お気に入り: 1
  • Jポップ
  • カバー作品
  • "或る晴れた日"
    大貫妙子
    (jasrac) 003-2404-3
2017/09/13 11:32