京都の秋の夕暮れ 弾き語りver

いちろう

作品紹介・説明

以前、のりちゃんさんのアレンジで歌わせていただいた曲ですが、とっても良い曲だったので、弾き語りでチャレンジさせていただきました。
4テイク録ったのですが、結局1番目のが1番良かったみたいです。
いつもそうなんですよねえ…。

プロダクト説明

ギターはASTURIAS DP-2です。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
AKG C

のりちゃん

まだ作品情報が入力されていません

8件のコメントが寄せられています。

歌詞

石畳に腰をかけ 空をながめて
京都の秋の夕暮れ君は何を
その優しいまなざしで僕をまぶしげに見る君
もう一度好きだと言っておくれ

石畳に雨が降り 心が濡れて
京都の秋の枯葉君は何を
そのうつろなまなざしで何か言いたげな君
もう一度この胸で泣いておくれ

石畳が雨に濡れ 傘をさして
京都の秋の町を歩いている
そのさびしいまなざしで僕にさよならと言う君
もう一度この胸に戻っておいで

8件のコメントが寄せられています。

03:28 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 36
  • お気に入り: 11
  • フォーク
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2017/10/27 17:49