夢の鏡

歌詞

《夢の鏡》

作詞 田浦 賢
作曲 長津久和
デモ歌唱 音声合成ソフト

夢に出てくる 鏡の意味は
ほんとの自分を 映すと聞いた
夕べ見た夢 手鏡割れて
別れという字が くるくる回る
外は遣らずの 雨なのに
どこに行ったの 傘もない

何も言わずに 出てゆく人の
こころの中まで 分かりはしない
夕べ見た夢 手鏡割れて
砕けた欠片は あなたのこころ
せめて一言 教えてよ
泪ながせる そのわけを

挿した紅筆 目元に引いて
夜叉の女に 変わって見せる
夕べ見た夢 手鏡割れて
刺さった指先 真っ赤に染まる
所詮つかめぬ 夢ならば
いっそこの手で 終わらせる

03:28 / 128.016kbps

共有する

  • 再生回数: 121
  • お気に入り: 0
  • 演歌
  • オリジナル作品
2017/11/13 11:04