それでも生きてゆこう

周平

作品紹介・説明

【2012年3月の作品】東日本大震災から1年、今回は被災地へのメッセージではなく、「残された我々はどうする?」をテーマに歌詞を書いてみました。賛同や反論あるかと思いますが、これは「正解」でも「間違い」でもなく、あくまで周平が出した一つの答え、そしてメッセージです。

歌詞

生まれてこなければ
楽だったとか
思いたくないけど
「生きる」って大変で

神様は時々
意地悪もする
僕らの大切なもの
奪ったりもする

それでも明日へ向かって
生きようとする理由(わけ)は
涙の数より笑顔が
多くあると信じるから

生きて 生きて 生き抜こうよ
星になった人の分まで
この地に生き残された
その意味を噛み締めて
明日がやって来る事は
決して当たり前じゃないさ
感謝しよう 此処にこうして
立っていられる事を


守りたい愛や夢
信じる正義
踏み躙られる日も
時にはあるだろう

一人で生きてる世界じゃないから
もどかしく
一人で生きてる世界じゃないから
心強くて

僕らの目で見に行こうよ
明日の世界の姿を
意地悪なんかに負けない
強さを握り締め
忘れたくない思い出も
忘れたい記憶も背負い
生きてゆこう 生きなきゃいけない
どんな事があっても


挫けて下を向いてたら
天国から いつも
見守ってくれてる誰かに
顔向けできないだろう

生きて 生きて 生き抜こうよ
時に辛くもなるけれど
この地に生き残された
その意味を噛み締めて
生きて 生きて 生き抜こうよ
星になった人の分まで
僕らは
まだ生きなきゃいけない
まだ生きてゆきたい

05:24 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 1
  • お気に入り: 0
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • デモサウンド
2018/03/14 14:42