永遠の底

テリー横田

作品紹介・説明

テリマス懐かしシリーズ Masuga&Terryが初めて「ジャズ」に挑戦? 短調の4ビート、クールバップです!
詞も問題作です。家を出て雨の街、つかの間、偽りの恋を求めてさまよう少女の歌。
「アダルト・チルドレン」…母親の愛を得られずに育ったせいで、愛情飢餓の底なし沼に落ちた彼女。一体何を信じて、何処へ辿り着こうとしているのか……。

プロダクト説明

Masuga:作詞、歌
Terry:作編曲、MidiTracks

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple Logic
モニター
YAMAHA MSP
コンピュータ
Apple Mac

Masuga

作品紹介・説明

テリーさんにまたまたリニューアルしていただきました。

初めてテリーさんからジャズっぽい曲をいただき、夢中で詞を書いたことを覚えています。

使用したプロダクト

オーディオインターフェース
EDIROL UA
コンピュータ
Windows PC Windows PC
マイク
AUDIX OM

3件のコメントが寄せられています。

歌詞

■永遠の底

片手で 濡れたコートを
無造作に投げた奥の席 滑り込み
いつもの 古いダイナー
嘘の笑顔がないオアシス

あなたに 教え込まれた
自尊心などどこにもない 初めから
私は 男を待っては
曇ったガラスに目を凝らす

荷物も持たず 飛び出して振り向く少女
窓辺で見送ったあなたの顔

私は飢えた捨て猫 何の証もいらない
熱い体だけが 確かな形
夢なんてないアイツの服を剥がして
落ちてゆきたいだけ 永遠の底まで

激しい雨の鼓動は
町を出た私に似ている 全てを
流して なのにもがいて
中途半端な跡を残す

あなたの人生だけは
真似をしないと誓ったって どこにも
見えない 愛は見えない
月明かりさえ雲隠れね

オモチャのピアノ 汚れた小さいネックレス
窓辺で見送ったあなたの顔 Good Bye

飢えた捨て猫 育てるものはないから
愛じゃなく温度を 重ね合いたい
キレイな言葉 思いやりさえ要らない
抱くだけのアイツが 狂おしく愛しい

壊れた心 泣きながら閉じた少女
夜中にかき消したあなたの顔

私は飢えた捨て猫 錆びた手すりにつかまり
空を見上げるのは 最後にしたいの
駆け出したいほど 心が欲しがるものは
逃げられないパラダイス 永遠の底

飢えた捨て猫 何の証もいらない
熱い体だけが 確かな形
夢なんてないアイツの服を剥がして
落ちてゆきたいだけ 永遠の底まで

3件のコメントが寄せられています。

05:08 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 20
  • お気に入り: 5
  • ジャズ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2018/03/16 20:14