全てをうしなった僕~きっと守られて生きている~

SS RUNNER

作品紹介・説明

詞 星の彼方、曲編曲 SS RUNNER
2年弱前に、詞先で附曲&DTM作成させて頂いた、コラボ作品です。音声が小さかったようなので、今回、音声の音量を上げました。

センセーショナルなタイトルと詞の内容ですが、読んでもらう、読ませるための工夫かとも思いました。
もちろん、大袈裟に表現されているのだと思いますが、(青年期の?)心の葛藤かとも想像しました。人生は、「七転び八起き」、「ピンチをチャンスに変えて乗り切って行く」というところがありますが、そうであれば、自分でも経験のあることと思いました。
最後に、「きっと守られて生きている」、というところで、将来への希望や負けたくないというような意思も見え、最後の大逆転みたいな構成も、面白いと感じました。
なお、冒頭と最後の「飛行音」は、環境からの脱出、または、精神的向上を表したく、専用飛行機、ジェット機、ロケットのものを表したつもりですが、どうでしょうか?

また、自分が最近考えているアセンション(次元上昇)について、当時から何となく意識していたようなアレンジ表現だったと思います。
最近の私の心境は、下記にまとめていますので、興味のある方はご一読いただけたら幸いです。
この辺は、自分が勝手に膨らませていることかも知れませんので、この作品とは何の関係もないことです。ご了承ください。
https://ameblo.jp/bluesky88088/



歌詞

A'
空に高く飛び上がる夢を見た
空を飛んで街を見る僕がいる
A"
赤く染めて燃え光る炎がある
僕の家族焼き尽くす家を見たんだ

B
誰が燃やし殺したと考えてた
僕は独り泣き続け闇の中
僕は生きる術をなくした

S
僕は誰のために
此処に生きているんだろう
何もかもこの手で届かない所へ
今、僕が此処にいる事
何も分からない
さまよって過ごしている

A'
街に白く舞い落ちる雪を見た
僕は独り降り続く雪を見る
A"
頬に溢れ流れてく涙を拭く
僕は生きる術を探し膝抱えてる

B
夢の中で見た家族笑ってた
僕は目覚め涙を嘘で隠した
僕が生きるために交わした

S
誰が何の為に
今を生きているんだろう
何もかもこの手で触れれない所へ
今、僕が此処にいる事
何の意味がある?
闇の中生きている

C
水色の空を染め上げたあの日
今も目に焼き付いて
笑顔さえ忘れたもう…

S
誰が誰の為に
僕を生かしているんだろう
何もかもこの手で掴めない所へ
今、僕が此処にいる事
きっと守られて
生きている

今もずっと…


04:16 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 19
  • お気に入り: 0
  • ポップス
  • オリジナル作品
2018/05/17 04:18