君と海とキャルフォルニア

tom mushiga

作品紹介・説明

いつもFENを聴いていました、第三京浜を何分で走り抜けるか?競争もしました、いまの東京とは違いいい時代でした、環8の廻りには畑もあり、初夏の早朝には朝霧がかかり、サンフランシスコ郊外の様でした、誰かあの頃の東京を返してください。なんでこんなに人が集まったんでしょう?

使用したプロダクト

シンセサイザー
YAMAHA MOTIF
レコーダー
YAMAHA AW
コンパクトエフェクター
TONEWORKS Ampworks
マイク
SHURE SM
モニター
audio-technica ATH

歌詞

君と行った、藤沢の浜辺 オールナイト・ムービーのその後で
潮騒に溶けるいつものFEN 君に瞳の中で笑う僕が見えて
Love & peace &music  I know we going old with stuff like that
君が好きだった baby come back のあの歌
long long hair の香りが
we saw the mountain under the below us
you never understand if never been
潮風の中で 揺らいでる wolfman jack
遠くの海の向こうに アメリカが見えて
love &peace & music
I know we getting old stuff like that

03:05 / 160.671kbps

共有する

  • 再生回数: 62
  • お気に入り: 1
  • ロック
  • オリジナル作品
2018/06/03 08:09