母子と海

歌詞

母子と海
2010 佐藤菜菜

はじまりには
海があった
ぼくらは波に抱かれてた
地平線を眺めるとき
まぶたに揺蕩うものは
伝わる過去の
いとしい人影
誰と知るわけでもなくこいしい

言葉はまだ声を持たず
渦巻くだけ 潮

想いはまだ形もなく
貝のなかに動かぬ心

ねえ 犠牲を払い踏みしめる土の香り
風の凪ぐ音はいかが

失われた母体の畏怖
胎児の記憶こそ未来
恩恵だけ享けた証
何も映さない瞳

それでも落ちる涙は塩辛いでしょ
血の繋がりなど絶えても

言葉はいま声を持って
歌を覚え叫ぶ

想いはいま形を成し
殻を破り生まれ来る子らよ

振り返らず行くがいいわ
わたしはその背を見守る
あなたたちの小さな夢 青く

04:00 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 5
  • お気に入り: 0
  • AOR
  • オリジナル作品
  • デモサウンド
2018/06/03 20:16