主役でなくていいけれど

ひろき

作品紹介・説明

歌詞には自分の体験談もいくつか盛り込んでいますが、
それらを書くと長文になりますので省きます。

ドラマや映画だけでなく、それぞれの人生において
主役とまでいなくても目立つ役や優遇される立場にいれば
満足するでしょうし、それを目指して頑張る人も多いと思います。

逆にちゃっかりと誰かに利用されたりして、
どうでもいい役ばかりもらったり、いつも冷遇される立場に
立たされるような影武者や、ただ笑われるだけのピエロになりたいと
いう人は滅多にいないと思います。
_____________________

主役でなくてもいいけれど
影武者にはなりたくないぜ

いろんなシチュエーションでね
理不尽なことは珍しくない
俺もぬれぎぬをきせられることもある

ときには本音をはっきりいうべきだね
人間に生まれたのだから言葉はしゃべれるぜ

いつでもいい人を演じると
気が付いたら愚かなピエロ

仕事やレクレーションでね
面倒なことはありがちだよね
そうさ風見鶏だっていいこともある

誰かといつでも仲良くしてるとね
意味のない派閥へと自分も仲間入り

「いっそ一匹狼もいいかもしれない」

俺は影武者やピエロではないんだぜ

主役でなくてもいいけれど
影武者にはなりたくないぜ

いつでもいい人を演じると
気が付いたら愚かなピエロ

プロダクト説明

この部分は以前の投稿曲と同じです。

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

歌詞

説明欄参照

03:58 / 96kbps

共有する

  • 再生回数: 6
  • お気に入り: 0
  • Jポップ
  • オリジナル作品
2018/08/09 00:09