曲は「アマリリス」

こえいち

作品紹介・説明

よこしまさんから、素晴らしい歌詞を頂きました。 私にとっては難しい曲付けでしたが何とか出来ました^^
エンディングの「アマリリス」は小学校の時に 良く音楽の時間にリコーダーで習っていたものです。
元はフランス民謡でルイ13世が作曲したとも 言われています。 日本では岩佐東一郎さんによる作詞で知られています。
花言葉は「おしゃべり」「輝くばかりの美しさ」 「誇り」などです。 一応フォーク&クラシックのような曲調に なってしまいましたが聴いて頂けると嬉しく思います。」

プロダクト説明

CeVIO CS6

使用したプロダクト

PCM音源ソフト
IK MULTIMEDIA SampleTank, UVI UVI Workstation
オーディオインターフェース
EDIROL UA
プラグインエフェクター
iZotope iZotope
モニター
SONY SMC MDR
コンピュータ
Windows PC Windows PC
アコースティック・ギター
Ovation Ovation
ドラム音源ソフト
TOONTRACK Superior Drummer
マイク
sE Electronics x1
ソフトシンセサイザー
Native Instruments KOMPLETE

3件のコメントが寄せられています。

歌詞

曲は「アマリリス」

作詞:よこしま 音楽:こえいち


その流れるような
黒髪に触れてみたくて伸ばした手が
君をいつしか抱きしめていた

かすかな石鹸の香りと
道端に置いた学生カバン

たどり着けない明日などないと信じていた

君が引っ越しをする朝
泣きそうな顔でくれた白いオルゴール

繊細な針が紡ぎだす
清らかな音色が涙を誘う

君がくれた曲は「アマリリス」
過去と未来の交わる場所に僕らはいた


優しい陽だまりと
指先のか細い白さ 覚えている
ふたり交わした指きりげんまん

「逢おう」と当てもない約束
途方に暮れた たそがれの夏

ネイビーブルー哀しいだけの制服の色 

時はいたずらに過ぎ去り
君からの最後の手紙は滲んだインク

走り書きした「さようなら」
窓の外 枯葉がひとひら 落ちた

君がくれた曲は「アマリリス」
甘く切ない響きは今も続いているよ   

君がくれた曲は「アマリリス」
過去と未来の交わる場所に僕らはいた

3件のコメントが寄せられています。

04:54 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 12
  • お気に入り: 3
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2018/09/15 16:43