WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS covered by しょうた電気商会

うえい・しょうた

作品紹介・説明

今回のしょうた電気商会は、あのクラプトンさんの泣きのギターでおなじみ。
『ギターがないちっち』であります。

タイトルのmy guitarは、ジョージの事だと言われてます。
二人の天才に挟まれたジレンマと曲の発表の場を与えられない焦燥感。
そんな気持ちからできた曲なのではないかと。。。
一説によると、ポールは、ジョージの才能を潰そうとしていたらしいという話です。
ジョージの曲のポールのベースはやかましいくらい。
この説もあるのかな?と。。。

ちなみに、解散直前になるとポールとジョージの仲はかなり険悪で、このあたりは映画でも見ることができますね。
一時期、ジョージはスタジオに顔をださない期間があって、しょうがないので「Get Back」のリードをジョンが弾いたという話です。

ウンチクが長くなってしまいました。m(__)m

ポールのパートが声がでず、インチキハモリでごまかしております。
そんなところは、さらっと流していただいて、
電気爺さんの泣きのギターで心震わせてくださいませ。
      ↑
  ここが今回のキモ。聴きどころなのであります。

お時間ありましたら、おつきあいくださいませ。

プロダクト説明

Sound Engine Free

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
マイク
SHURE SM
コンピュータ
Windows PC Windows PC
レコーダー
ZOOM R16

電気爺

作品紹介・説明

しょうた電気商会 de 「ギターは泣いている」なのです。

正直申しまして、、、
クラプトンのコピーは完全無理、あきまへん(号泣)
で、コンサートfor ジョージやらトム・ペティやらジェフ・リンとプリンスがやってるのとか。
P・フランプトンとかTOTOとかサンタナとかありとあらゆるものを参考?にして弾きましたw

キモい! ごもっともです。これが限界っす。

そこはそこ、中学時代から歌っていたと言うしょうたさんのボーカルをばご堪能下さいますようお願い致します。

おまけに、このオケのドラムトラックは音が微妙に違う2種類のドラムを入れてあります。
なのでウルセェです><
そこらへんも目をつぶっていただいてご勘弁くださいませ。

お時間ありましたら聴いて見てください。。
するってぇと2人とも失禁寸前脱糞寸前で躍り上がって喜びます。

何卒よろしくお願い致します。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple Logic, Apple GarageBand
オーディオインターフェース
EDIROL UA, EDIROL UM, TASCAM US
エフェクター
T.C. ELECTRONIC M
コンパクトエフェクター
BOSS Compact Series, Dunlop MXR
モニター
EDIROL MA, SONY SMC MDR, audio-technica ATH
コンピュータ
Apple Mac
エレクトリック・ギター
Fender テレキャスター, ESP ESP
MIDIコントローラー
E-MU Xboard

25件のコメントが寄せられています。

06:02 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 48
  • お気に入り: 20
  • ロック
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS"
    THE BEATLES
    (jasrac) 0W0-1399-6
    ボーカル:うえい・しょうた
    ミキシング:しょうた電気商会
2018/09/24 18:08