「ウェディングドレス」1696 作詞 ミントさん

milk2

作品紹介・説明

「ウェディングドレス」ってやっぱり特別なものがあると思いますが、男の正装たる
燕尾服は最近はお父さん専用みたいになってるような気がします。
娘の結婚式では皆さんの目の前で還暦後始めたロックバンドで初めてベースを披露して、
その時一緒に演奏してくれた方がみなさんとってもうまい方達だったのに助けられて
うまい具合にその後も音楽活動公認みたいになりました。話がとんでもない方向に
行きそうですが、いよいよ1700曲まで後5曲。4曲は骨格ができてますのでもう少し。
67歳の誕生日には間に合わないけど今年中にやりたいなぁ。
ミントさん ありがとうございました。ではどうぞ、

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
コンピュータ
Windows PC Windows PC

ミント

まだ作品情報が入力されていません

4件のコメントが寄せられています。

歌詞

「ウェディングドレス」1686 作詞 ミントさん

あなたと見てたカタログの 
ウェディングドレスを買いました
結婚前に亡くなった 
あなたに心あずけたくて

あれから私アルバムや 
日記を開いて泣くばかり
それでもひとつ信じてる 
一緒にいられる日がくると

あなたが好きな水色の 
ウェディングドレスに決めました
どうしてなのかわかるでしょ 
笑って迎えてほしいから

あれから私アルバムや 
日記を開いて泣くばかり
それでもひとつ信じてる 
一緒にいられる日がくると

あなたに逢いにいける日は 
ウェディングドレスがいいでしょう
ふわふわ白い雲に乗る 
私をしっかりつかまえて
その手を二度と離さないで

4件のコメントが寄せられています。

05:15 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 17
  • お気に入り: 2
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2018/10/16 05:38