幻想交響曲 第5楽章「魔女の夜宴の夢」 ベルリオーズ

KT

作品紹介・説明

幻想交響曲(Symphonie fantastique)
作品14(H.48)は、
フランスの作曲家エクトル・ベルリオーズが
1830年に作曲した最初の交響曲。
原題は『ある芸術家の生涯の出来事、
          5部の幻想的交響曲』
(Épisode de la vie d'un artiste,
    symphonie fantastique en cinq parties )。
「恋に深く絶望しアヘンを吸った、
    豊かな想像力を備えたある芸術家」の
物語を音楽で表現したもので、 
ベルリオーズの代表作であるのみならず、
初期ロマン派音楽を代表する楽曲である。
現在でもオーケストラの演奏会で
頻繁に取り上げられる。
「ワルプルギスの夜の夢」と訳される事もある。
グレゴリオ聖歌『怒りの日』
(Dies Irae)が主題に用いられ、
全管弦楽の咆哮のうちに圧倒的な
クライマックスを築いて曲が閉じられる。
また曲の終結部近くでは
弓の木部で弦を叩くコル・レーニョ奏法が
用いられている
(弓を傷める可能性があるので
 高価な弓を使う奏者はそれを嫌い、
 スペアの安い弓をこの演奏で使うこともある)。
ハ長調→ハ短調→ハ長調
Wikipediaより

プロダクト説明

・【Sibelius Ultimate】
・【NOTE PERFORMER】3.0
※SONAR X3(Effect)

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

2件のコメントが寄せられています。

08:33 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 14
  • お気に入り: 5
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • "Symphonie fantastique ”Songe d'une nuit du Sabbat”"
  • 作曲:Louis Hector Berlioz
2018/10/28 18:28