ロッシーニ 『セビリアの理髪師』序曲

KT

作品紹介・説明

『セビリアの理髪師』
(セビリアのりはつし)は、
フランスの劇作家ボーマルシェの書いた
風刺的な戯曲
(フランス語原題
 :Le barbier de Séville ou la précaution inutile
 「セビリアの理髪師あるいは無用の用心」)、
ならびに同戯曲を題材にジョアキーノ・ロッシーニの作曲した
2幕のメロドランマ・ブッフォ
(イタリア語原題
 :Almaviva o sia L'inutile precauzione、
 一般には Il Barbiere di Siviglia )である。
本項ではロッシーニのオペラについて扱う。
なお、ロッシーニに先立って
ジョヴァンニ・パイジエッロが
同戯曲により同名のオペラを
作曲している(1782年初演)が、
ロッシーニ作品の成功によって
忘れられた存在となった。
序曲は単独で演奏されることも多いが、
元来はオペラ『パルミーラのアウレリアーノ』
(1813年作曲)の序曲として書かれたものである。
ロッシーニはこれを
『イングランドの女王エリザベッタ』(1815年)に
手を加えて用いた。
『セビリアの理髪師』でも再び同じ曲を用いているが、
現在は全曲自筆譜に序曲を欠いているため
『パルミーラのアウレリアーノ』序曲を
用いることが一般的である。
Wikipediaより

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

06:58 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 5
  • お気に入り: 1
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • "Il Barbiere di Siviglia"
  • 作曲:Gioachino Antonio Rossini
2018/11/07 21:54