終わり

綾樹

作品紹介・説明

皆様。

大変ご無沙汰しておりますが
お元気でいらっしゃいましたか?!?
『綾樹』名義で公開させて頂いた
前作から、もう1年近く経ってしまいました。

そして、色々な方へのプレゼント作品やコラボのお約束をさせて頂きながらも
何と申しますか、この数年のひどい『スランプ状態』で、
大変お待たせしまして申し訳ございません。
僕自身、自分で納得ができるものが出来上がったときに
披露させて頂きますのでどうか、気長にお待ちください。

また、その理由と言うか、言い訳で、
毎回、毎回。今の僕の病気の状況とか介護のことだとか
書いていても仕方がないので割愛させて頂きます。

この、1年弱で、時間がある時に、膨大な数のカセットテープに残された音源を
USBメモリーに変換して残そうとしておりました。
そして録音しつつ、聞きながら、感じたことなのですが、
僕自身は、音楽を始めた頃と何ら成長というか、進化がないなあと・・・
でも、自分が、音楽が大好きで!楽器を手に持った動機は、
友人たちとのコミュニケーションや一緒に楽しみたい!
笑い合いたい!というとてもシンプルと言うか単純なものだったなあと
今更ながら思い出しました。

もう、人生も幕を閉じる時期がどんどんと近づいていることを
ヒシヒシと感じる今日この頃。
残された時間をどう過ごすのか?が、重要な課題だなと思います。

そこで、今回からは、だいぶ初心に戻って
自分自身を見つめ直したいと思います。

いつものことではありますが、前置きが長くなってしまいました。

『終わり』という今回の曲は。
僕が中学の2~3年生の頃に友人だった
M・Y君という男子が僕に書いてくれた
一連のポエムの中のひとつに僕が曲をつけたものです。

この演奏をしたのは、高校時代になって
カセットテープレコーダーを買った時以降ではないか?と
思いますが、その時の1回だけのピンポン録音をそのまま
現代のDAWを使ってノイズを処理してリバーブを少しかけました。

本来なら、録音し直しをするというのが、良いのかもしれませんが
現時点で、この唄を、この雰囲気で素直に歌える自信がありません。

誠に、懐古趣味になってしまい
お聞きくださる方々には申し訳ないのですが
今から、半世紀近く前の時代に戻って
ラジカセの前でお聞きになっているような気分を
味わって頂ければ幸いです。

そして、いつか、誰にも、何の連絡もできずに
この世から去り。
このサイトが閉鎖されるまで。
公開した、子(曲!)たちは、この世界に遺っているんだなあ。
なんてことも考えながら。

しばらく、調子が戻るまでは。
学生時代及び昭和時代に授かった、古い曲を中心に
これからも、1曲づつ、時間が赦す限り公開させて頂きます。

このような奴ではございますが
今後共どうぞよろしくお願い申し上げます。

プロダクト説明

生ギター(借りてきたもの)
ラジカセ2台

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
オーディオインターフェース
EDIROL UA
波形編集ソフト
INTERNET Sound it
コンピュータ
Windows PC Windows PC

12件のコメントが寄せられています。

歌詞

昔は、良かった、今にしてみれば

何でもないことを

昔は、必死になっていたものだ。

ふたりでよく、話したっけ

とっても好きだった、あの頃の君。

しかし、時は僕の心を、君の心を、醜く変えた。

残ったのは、39通の手紙と悲しみ。

今も、僕の机の上で、眠っているよ。

良き昔の、香りがする

遠い、遠い、昔のような

何かが、今、声かけた。

何にもできない、この昔。

何年か経って、大人になったとき。

アルバムの君の写真を見て

懐かしかった頃を思い出そう

2度と戻らない、思い出を。

2度と戻らない、思い出を。

2度と戻らない、思い出を。

2度と戻らない、思い出を。。。

12件のコメントが寄せられています。

02:44 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 81
  • お気に入り: 8
  • フォーク
  • オリジナル作品
2018/11/08 23:52