クリスマスイブの夜 君がいなくなった

バンカース浜中

作品紹介・説明

作品番号#288


通算300曲が見えてきました。

12月7日現在#296まで完成。

2018年はここまで52曲作りました。
来年は少しペースダウンしたいと思います。



制作ペースが落ち着くまで、コメントは当分お休みさせていただいております。


youtubeはこちらから・・・・https://youtu.be/fJ_4iD6NT3Q

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer Lite
マイク
SHURE SM
コンピュータ
Windows PC Windows PC
アコースティック・ギター
Gibson Gibson

歌詞

クリスマスイブの夜 君がいなくなった



1 まるで一握りの 砂の 粒のように

幸せだった日々が 指のすき間 こぼれ落ちた

ある日を境に 笑わなくなった君

僕のやる事全てが 気に入らないかのようだった

一緒になれない事が それほど重大なことだったのか

二人寄り添っていられるだけで 僕は十分幸せだったのに

※ ゴメンと 走り書きした 便箋一枚残し

クリスマスイブの夜 君が  いなくなった




2 誰よりも君の事 大切に思ってきた

独りで暮らすには  この部屋は思い出が多すぎる

それでも今の僕に できることなど何もなくて

ただ君が戻ってくるのを ひな鳥のように待つだけさ

二人でよく行ってた 小津町のカフェ「フレスコ」

窓際でほおづえつき  歩道に君の影 探している
   
★ 冷めてゆくコーヒーと シンクロする壁の時計

クリスマスイブの夜 君が  いなくなった


一緒になれない事が それほど重大なことだったのか

二人寄り添っていられるだけで 僕は十分幸せだったのに

※ ゴメンと 走り書きした 便箋一枚残し

クリスマスイブの夜 君が  いなくなった

クリスマスイブの夜 君が  いなくなった

03:41 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 15
  • お気に入り: 5
  • Jポップ
  • オリジナル作品
2018/12/07 00:26