交響曲第5番より 第4楽章 ショスタコーヴィチ

KT

作品紹介・説明

交響曲第5番 ニ短調 作品47は、
ドミートリイ・ショスタコーヴィチが
作曲した5番目の交響曲である。

第2番や第3番のような単一楽章形式で
声楽を含む新古典風の交響曲や、
マーラーの交響曲を意識した
巨大で複雑な第4番を経て、
第5番では交響曲の伝統的な形式へと回帰した。
声楽を含まない純器楽による編成で、
4楽章による古典的な構成となっている。
ショスタコーヴィチの作品の中でも、
特に著名なものの一つである。

=第4楽章=
Allegro non troppo 4分の4拍子 
特殊な構成(三部形式に近い) ニ短調。
Wikipediaより

プロダクト説明

NOTE PERFORMER

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

4件のコメントが寄せられています。

10:06 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 14
  • お気に入り: 3
  • クラシック
  • カバー作品
  • "SYMPHONY NO 5 FINALE OP 47"
    SHOSTAKOVICH
    (jasrac) 0S4-2178-0
2018/12/31 19:03