♪青天の霹靂

のりちゃん

作品紹介・説明

「晴天の霹靂」という名前の青森県産のお米の銘柄のことではありません。
「晴天の霹靂」とは青く晴れ渡った空に突然激しい雷鳴が起こることから、予期しない突発的な事件が起こることをいう。
この歌詞をどのように歌で表現できるか、色々と考えまして「雷」のようなサビを作りました。
そして曲の最後に「晴天の霹靂」にピッタリの効果音を入れました。
私の曲作りの基本はボカロです。最近ボカロ3からボカロ5に一気にバージョンアップさせて作りました。
新しいシンガーのKen君が歌います。何かちょっとロック歌手のような発音をするので面白いです。
Ken君の「晴天の霹靂」バリのサビ部分に特に注目して聞いていただけたらうれしいです。

彩本侑里

作品紹介・説明

晴天の霹靂は昔から知っていて、突然何かが起こるたびに使っていましたが、そういうお米があることは存じませんでした。 新米が並ぶ頃、スーパーで見かけましたら、けっこうお高いお米でした!

最初は切ない詞にするつもりが、男性が振られる場面だとどうしても三枚目になってしまいます!
皆さんは経験おありでしょうか?(^_^;)
本人には深刻でも、ばかな奴だと笑えることって、ありますよね!
そこのところ、のりちゃんが、サビに四苦八苦されながら、上手く表現してくださいました!

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

28件のコメントが寄せられています。

歌詞

♪青天の霹靂

会いたいと 君に電話で呼び出され
デートのつもりで 出向いた喫茶店
まさか突然 別れ話を
切り出されると 思いもせず
あなたを嫌いになったわけじゃない
他の人好きになってしまったの
それは僕にとっては 晴天の霹靂(へきれき)
だけど君にとっては ありふれた出来事
楽しかったわ 元気でねと君は
エンゼルスマイル浮かべて 
振り向きもせず 去って行った

動けずに 君の行先目で追えば
止まった車に 向かって歩き出す
助手席のドア 開けた男が
君を乗せると 走り去った
数日前まで 僕の腕の中
甘えていたのに 君が分からない
あの子だけは止めろよ 遊ばれるだけだと
止めてくれた友だち 聞いとけばよかった
悪気ないぶん 残酷だね君は
可愛い顔して 平気で
傷つけていく 無邪気なまま

28件のコメントが寄せられています。

03:21 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 46
  • お気に入り: 15
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2019/03/03 21:33